"西取石校" の記事一覧

2019年09月19日 14:44

プチプチの季節

こんにちは、個別指導Wam西取石校です。   プチプチの正式名称をご存じですか。気泡入り緩衝材というらしいです。 誰しもプチッ、プチッと、例のプチプチを潰した経験があると思います。 そのプチプチを、特に中3、高3の皆さんはしなくてはいけない時期に来ています。   実力テストや模試が返ってきて、自分の点数を気にするのは当然です。 その得点が志望校選びや、志望校への可能性に大きく関わり、ひいては自分の将来に 大きく関係しているのですから。 しかし、それと同時に、いえ、それ以上にもっと大切なのは、「間違いの見直し」です。 間違った問題、分からなかった問題が,知らず知らずのうちに解…
2019年08月24日 14:44

要注意―なかだるみ

こんにちは、個別指導Wam西取石校です。 いよいよ(やっと?、瞬く間に?、ふと気づいたら?)夏休みが終わろうとしています。 前回に、「目的意識を持って夏休みを過ごしてほしい」ということを書きました。 いかがだったでしょうか。達成できたでしょか、できなかったでしょうか。 大切なのは、「振り返る心」です。自己を振り返って、今の自分を客観的に再認識し、 未来への目標を立てる。自分で決めた、自分なりの人生の「節目」ごとにそれをしていく ことが大切です。夏休みは、一つの節目だったと思います。   自己に厳しくあってください。「夏休み前に宿題の計画を立ててんけど、結局せえへんかった。 まあ、ええ…
2019年07月29日 14:46

チェレンジの夏へ

暑い日が続いております。お元気ですか。個別指導Wam西取石校です。 夏休みもすでに1週間が経過しました。 日常に埋もれてしまっていませんか。 日々をなんとなく漫然と過ごしてしまっていませんか。   もったいないです。 心身ともに成長期である10代。目標を立てて、それに向かって 意識的に日々を過ごすことで、人間としての器が一つ広がります。   なんでもかまいません。何かにこの夏チャレンジしてみてください。 「本を10冊読む」でもいいですし、「毎日3時間勉強する」でもかまいません。 「クラブ活動中に決してグチを言わない、弱音を吐かない」でもOKです。 目標を立てそれを意識して生
2019年06月28日 14:12

いよいよ夏休み!限定キャンペーン実施中!

こんにちは、個別指導Wam西取石校です。   近隣の公立中学校では、今日、6月28日が1学期期末考査最終日です。 私立中学校や公立・私立の高校では来週から1学期期末考査でしょうか。   前回にお話ししましたように、高1・中1の皆さんはウォーミングアップを終えての、 本格的な学習の成果を試す期末テストを無事乗り越えたでしょうか? 「授業内容がちょっと難しくなったなー。」とか、「テストの点が思ったほど良くなかったなー」 と、感じている人はいませんか?   長い長い夏休み。クラブに、遊びにと、いろいろな計画が目白押しかもしれませんが、 ちょっとでも勉強での不安を感じたの
2019年05月18日 14:21

油断大敵!

こんにちは、個別指導Wam西取石校です。   長かったゴールデンウィークも終わり、1学期中間テストの期間に突入しました。 私学の高校では先週(5/13~)に、公立の高校・中学校では今週(5/20~)に中間テストが実施される学校が多いのではないでしょうか。もしくは、10連休や修学旅行によって授業確保が難しかったために、5月末に実施される学校もあるでしょう。(当教室に通う取石中学・高南中学の生徒がそうです。)   ここで注意してほしいのは、中1・高1の皆さんです。 テスト後、こんなことを言っている人が必ずあなたの周りにいるはずです。 「定期テストなんてちょろいもんや。俺なんか、…
2019年04月19日 19:09

葉桜と魔笛

この季節になると思い出すのが、タイトルにある太宰治の短編小説「葉桜と魔笛」です。 「このように葉桜の頃になると思い出します。と、その老婦人は物語る。」で始まるこの小説は、 数ある太宰の作品の中で、私が最も好きな作品です。 昭和14年に発表された作品で、戦争中の暗い時代に、唯一太宰だけが、キラキラした良質の作品を 発表していた、その頃の作品の1つです。 物語世界の「今」は、発表時の一年後、昭和15年に設定されており、「今」から35年前、すなわち 1905年の、日露戦争中の「ある日」の出来事が物語られます。 しっかりと、でもさりげなく伏線が張られており、それをうまく、かつ上品に整理して、 一つ目の
2019年03月26日 21:52

「脳力」は「筋力」

個別指導Wam西取石校です。 春休みをいかがお過ごしですか。 一日のうちの何時間かは机に向かっていますか。 机に向かわないまでも、読書をするなどで、脳を鍛えていますか。 運動部に入っている人は特に分かってくれると思うのですが、 練習をさぼって筋力(身体能力)が落ちると、元の筋力に戻すためにさぼった期間以上の時間が かかります。3日ぶりにバレーボールをしたら、思うようにアタックが打てなくなっているている という経験があるはずです。日々、地道な反復練習を続けて、はじめてアタックの技術は伸びていきます。 「脳」も同じです。 学年末テストでせっかく鍛え、温めた脳みそを、この春休みで冷えさせてしまってい
2019年02月28日 14:12

リミッターを解除せよ!

こんにちは、個別指導Wam西取石校です。   「春休みは○○時間ぐらいは勉強しようね。」と生徒たちに話しかけると 決まって「無理や、そんなん。クラブもあるし。」という返事が返ってきます。 悲しいです。 10代のうちから自分の限界(リミット)を想定し、その枠を破ろうとしない姿勢が。   車などの機械には、必要以上の出力を出さないようにするために安全装置としての 「リミッター」があります。リミッターがないと、車では必要以上にスピードが出てしまい、 人間の能力では操作しきれず事故を起こす可能性があります。 また、エンジンが熱を持ちすぎて壊れてしまったり、タイヤなどが耐え切れず崩壊
2019年02月01日 17:23

如月になりて

寒い日が続きますが、いかがお過ごしですか? 個別指導Wam西取石校です。 年が明けて、すでに1ヶ月が過ぎました。   前回に「一年の計は元旦にあり」というお話をしました。 計画通りに進んでいますか。 計画通りに進んでいる人は、体調に気をつけて そのまま、突っ走って下さい。 計画通りに進んでいない人は、月の変わり目である今日、 再び、自分を見つめ直し、計画を修正して下さい。   大切なのは、一日ごと、一週間ごと、月ごと、もしくは 自分で決めた節目ごとに、過去を振り返り、未来を展望することだと思います。 自己を定点観測し、目標を定める、そういう計画性を学生時代に身につけてほしい
2018年12月22日 23:31

一年の計は

まだまだ私が幼かった頃、祝日について疑問を持っていました。 「敬老の日」「勤労感謝の日」 老人を思いやる気持ちは絶えず持っていなくてはならないのではないかと。 その日だけ老人を思いやるのはおかしいと。 勤労に対しての感謝は、その日だけ感じればいいのかと。 絶えず感じなくてはならないのではないかと。   でも、年を経るにつれ、分かりました。 日々を過ごす中で、そういった思いを、それこそ何百、何千という思いを 絶えず意識することは不可能です。 日常に埋もれ、多くの思いを私たちは見失いがちです。 だからこそ、記念日というものがあり、見失いがちな、いろいろな思いを 思い出すための節目としての
1 / 1312345...10...最後 »