"岩出那高前校" の記事一覧

2019年09月29日 19:53

教える喜び、わかった喜び

こんばんは。 個別指導Wam岩出那高前校です。 先日、7講目の授業終了後の講師の言葉です。 「勉強を教えていて、生徒さんが教えている内容をうまく理解してくれたらめっちゃ嬉しくないですか?だからWamの講師の仕事は楽しいし、やりがいがあるんですよ。」 この言葉を聞いて、いい年齢の私は反省しました。若い頃はこういう気持ちを持って指導していたのに、最近はどのように指導したら生徒にうまく理解してもらえるかという指導法ばかり考えがちになっていたからです。 その次の日に、体験に来ている生徒の保護者様が車から降りて来られて一言。 「先生、この前の体験授業の後、娘が、『すごく楽しかった。授業とってもわかりやす
2019年08月30日 21:12

不規則動詞変化表を覚えよう!!

こんばんは。個別指導Wam岩出那高前校です。   岩出市にある二つの中学校の中3生への課題の量が例年半端ではありません。昨年は、国語の「整理と研究」が120ページ近くあり、今年は社会の「整理と対策」が100ページちょっと課題として出されています。もちろん他の教科の課題も50ページから70ページくらい出されています。教室長の私としては、もう少し早くから取り組みたかったのですが、その課題の量があまりにも多かったので、夏休みの終わりのここに来てやっと『不規則動詞の変化表』を覚えてもらう余裕ができてきました。   お盆明けにプリントを配布し、表の左半分を覚えてもらって合格した人から
2019年07月26日 20:05

イチロー名言集

今年の春、引退をしたイチロー選手にはたくさんの名言があります。 その名言の一つ一つが、悩んでいる時や受験生の心に響くものもたくさんあります。     壁というのは、 できる人にしかやってこない。 超えられる可能性がある人にしかやってこない。 だから、壁がある時は チャンスだと思っている。 - イチロー -   壁を自力で乗り越えられない人に、Wamはいつでもフォロー させていただきます。 個別指導Wam  岩出那高前校 tel (0736)63-5520
2019年06月29日 14:33

梅雨の日の一コマ

こんにちは。Wam岩出那高前校です。   心配していた令和初の台風も、和歌山県にはあまり影響がありませんでした。   先週末テスト対策講座で人がいっぱいだった教室も、ほとんどの中学校が期末テストを終えたので本日はややゆったりとし た時間が流れています。 その中で、まだ期末テストを残している紀の川市の中学生3人(学校も学年もばらばら)に、M講師が熱っぽく授業をしてくれています。その向こうのブースでは、H講師が中学3年生の体験生と県中受験予定の小学6年生に丁寧な指導をしてくれています。自習ブースでは、3人の高校生が自分のペースでテスト勉強に取り組んでいます。 今週はテスト期間だ
2019年05月23日 19:13

凡事徹底(ぼんじてってい)

こんにちは。 みなさんは上の漢字の意味を知っていますか? 「なんでもないような当たり前のことを徹底的に行うこと。または、当たり前の ことを極めて他人の追随を許さないこと。」です。 今、読んでいる本の題名もこの四字熟語がタイトルになっています。 九州の小さな町の公立高校から、Jリーガーが50人近くも輩出されているのが気になり購入しました。サッカーやスポーツの指導者はもちろんこと、学校の先生や我々塾の教室長も学べる事が随所に書かれています。よかったら、みなさんも一度手に取ってみてください。 高校生の中間考査はほぼ終わりましたが、中学生は中間テストの真っ只中です!自習に来て勉強している中学生の姿を見
2019年04月27日 18:55

GWスタート

こんにちは。Wam岩出那高前校からです。 今日からゴールデンウイークが始まりましたが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか? 岩出那高前校は、本日、平成最後の授業を行っています。次に授業が始まる5月6日は、「令和」という新しい元号の時代が始まっていることになります。何か不思議な感じもしますが、この歴史の分岐点をしっかり見つめていきたいと考えています。 さて、8日間というなかなかもらえない長期間のお休みをいただけるので、私自身何をしようか悩んでいました。そんな時、新聞の書面から「遠征読書」という言葉が目に入ってきました。 「読書に集中しようにも家の中では気が散るし、喫茶店やカフェでも長居はためらわ
2019年03月31日 17:53

あたりまえのような奇跡

新しい時代がもうすぐ幕を開けようとしています。 新しい時代にも、塾生とともにあたりまえのような奇跡をつくっていきたいと考えています。 個別指導Wam 岩出那高前校 TEL (0736)63-5520
2019年02月23日 18:13

決定的な違い

こんにちは。Wam岩出那高前校です。   さて、和歌山県の公立高等学校入試まで、後2週間あまりとなってきました。土・日曜日は中3生に教室に来てもらって、『入試直前特訓講座』を実施しています。時間を計り、過去問を解き、まず自己採点を行う。その後、その採点用紙に誤りがないか、講師や私の大人の目を通して再度点数をチェックしています。 そのチェックしている中で、一人の講師がつぶやきました。「点数が高い生徒の答案用紙は、空欄が少ない・・・」 まさしくその通りでした!!しっかり点数を取れる生徒は、1点でも、2点でも成績を上げようと、精一杯答案用紙を自分なりに努力して作成しているのです。それに対し
2019年01月18日 21:04

ありがとう!翻訳アプリ

こんにちは。Wam  岩出那高前校です。先週の木曜日にこんな事がありました。   6講目の授業の途中に教室のドアが開き、二人の親子が入って来ました。その二人の親子はどう見ても外国人の方でした。面談スペースに案内して話を聞くことになりましたが、日本語も、英語もほとんど通じませんでした。その時に、お母様が鞄からスマートフォン取り出し、話しかけるように促されました。そう、Googleの翻訳アプリです。翻訳アプリを介しながら、日本語とアラビア語の新規面談が始まりました。よく話を聞いてみると、以下のような内容でした。   お父様の仕事の関係で、シリアから日本(岩出市)に来て3年になる…
2018年12月27日 14:57

今年の目標

こんにちは。 みなさんは。今年の初めにどんな目標を立てましたか? 私は今年の目標の1つに、“自分の年齢の数だけ本を読もう!!”という目標を立てていました。しかし5、6冊足りないまま1年を終えてしまいそうです。 昔は「読書していると読解力が深まるよ」とよく言っていたのですが、一概にそうとも言えないというのが最近わかってきました。ただ、語彙力は高まりますし、活字になれるのは間違いありません。また、自分の知らなかった知識を深められるのが何よりいいと思います。   今、読んでいる本は、九州の公立校から50人近いJリーガーを輩出した先生について書かれた本です。その本の中にいくつか共感できる言葉
1 / 1112345...10...最後 »