2020年12月10日 20:01

チャレンジテストまであと1か月 睡眠も味方に。

こんにちわ。若江岩田校です。

開校して間もない時期ですが、入塾してくれている中学1年の生徒さんが初めてチャレンジテストを受けます。

この前定期考査で、年明けたらすぐ、テスト・・・・・

現在、数学総復習中です。内申書への影響も少なからずあるから、しっかり頑張っておこう!

そして大学受験を控えた入塾生もいて、あったなぁと懐かしんでいました。

 

さて、生徒とテスト前で睡眠取れてる?なんて話をしました。

勉強のために睡眠を削るって事もあると思います。焦りやプレッシャーから熟睡はできない事もあると思います。

 

【効率的な学習】と考えたら

効率的に勉強をするのに、睡眠はとても重要!

体は自分の意思で動かせる筋肉とそうでないものがありますね ※横紋筋(骨格筋・心筋)・平滑筋とかです。ここでは詳しくは書きません。

平滑筋って内臓や血管などですね。これって自律神経が支配しているところです。※交感神経・副交感神経

 

体を休めるって脳を休める・臓器を休める・筋肉の緊張を休めるなどなど色々な意味合いがあります。

これら全て、睡眠がもたらす効果ですね。

それとは別に、脂っこい食べ物や糖質の塊など消化に時間がかかる食べ物もテスト前は避けましょう。

(余談※筋肉の緊張で夕方身長が縮んでる!!! 12個の胸椎1mずつ筋肉縮んだら1.2㎝身長縮む → 睡眠で回復!栄養もね)諸説あります。

 

では何時間、睡眠をとったら良いのか。これは明確な答えはありませんね。

もしテストまでに3週間あれば毎日同じぐらいの睡眠をとってみましょう。3時間・6時間・8時間・・・・

自分が一番スッキリできる睡眠時間を身につけておくのも受験対策だと思います。

 

ただただ、テスト前緊張もあり睡眠なんて・・・と言わず2時間寝てスッキリするなら2時間睡眠をとる。

睡眠は敵ではありません。但し寝すぎてテスト勉強してないって焦らないように目覚ましはチェック!

 

脳や体をテストの味方につけるのに、栄養ドリンクより栄養ある食事と睡眠を味方につけてチャレンジしよう!

 

 

電話でのお問い合わせ

お気軽にご相談ください

0120-20-7733
メールでのお問い合わせ

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です