ワム研

ワム研 ワム研

朝は勉強効率がアップする時間帯です!

「本当にそうなのか…?」と疑問に思った方もいらっしゃるでしょう。

そこで、この記事では朝に勉強するメリットや朝に向けた勉強法などをご紹介します。

さらに早起きするコツもご紹介しているので、ぜひ実践して、成績アップを目指しましょう!

 

 

朝勉強のメリット

勉強した内容が記憶に定着しやすい

朝目覚めてからの約3時間は、脳が最も活性化される「ゴールデンタイム」だと言われています。

眠っている間に前日の記憶が整理され、朝の脳はクリアな状態になっています。

そののため、朝に勉強すると、勉強した内容がが頭に入りやすいのです!

 

また、朝は寝ている間に心身が回復してくれているため、集中して学習に取り組むことができます。

 

締め切り効果がある

朝に勉強を始めると、時間になれば勉強を終わらせて学校に行かなければいけません。

時間が限られているなか勉強をすると「時間内に終わらせなければ!」と集中力を高めて学習に取り組むことができます。

 

 

朝に向いている勉強

勉強をする前に

朝起きたらすぐに勉強するのではなく、まずは日光を浴びましょう。

日光を浴びることで「セロトニン」という物質が生成されます。

「セロトニン」は脳の働きを活性化と精神を安定させる働きがあります。

脳が活性化させる準備をしてから朝の勉強に取り組むことで、勉強の質を高めることができます。

 

朝に向いている勉強

朝は、上記で説明した通り脳が活性化し、集中力が高まる時間です。

そのため、数学や理科などの思考力は求められる教科を勉強すると良いでしょう。

勉強内容は暗記や教科書を見るなどのインプットよりも問題を解いたり、ノートに書き出すなどのアウトプットの学習が効果的です。

 

 

朝起きれるようにするには

ここまで朝勉強についてご紹介しましたが興味を持っていただけましたか?

次は朝起きるのが苦手な人向けに無理なく起きられるコツをご紹介します。

朝勉強をしてみたい方はぜひ実践してみてください!

 

睡眠の質を上げる

質の良い睡眠は、心身回復を行う働きがあります。

そのため、しっかり寝ているつもりでも睡眠の質が悪ければ、スッキリと起きることができません。

質の良い睡眠をとるためには以下のことを実践してみましょう。

 

・寝る前にスマホやパソコンを見ない

スマホやパソコンの画面から発せられるブルーライトには脳を興奮させ寝付きを妨げる働きがあります。

また、ブルーライトを浴びることで、脳は夜ではないと勘違いをして、睡眠を促進してくれるメラトニンの分泌を抑制してしまいます。

寝る1〜2時間前にはスマホやパソコンなどの使用を控えましょう。

 

・寝る前にカフェイン、食事は控える

食後すぐに寝てしまうと、体の消化活動がはたらき、十分な睡眠が妨げられてしまいます。

夕食は寝る3時間前に済ませておくといでしょう。

また、コーヒーや紅茶などのカフェインを含む飲み物は寝る前には飲まないようにしましょう。

カフェインには、覚醒作用があるため、寝付きを悪くしてしまいます。

寝る前に飲むとしたら、白湯、ホットジンジャーなど、身体を温め睡眠の手助けになる飲み物がおすすめです。

 

・寝る2〜3時間前に入浴を行う

寝る2〜3時間前に、あまり熱さを感じないお湯(40℃程度)に、ゆったり湯船につかりましょう。

体がほぐれ一日の疲れが取れていきます。

お風呂で温まった体温が下がると眠気が訪れ、スムーズに睡眠へと導いてくれます。

 

目覚まし時計を遠くに置いておく

目覚まし時計を近くに置いておくと、無意識に手を伸ばして止めてしまい二度寝をしてしまったことはありませんか?

一度で起きるためには、目覚まし時計を遠くに置いてみましょう

そうすれば、目覚ましをとめるために、体を起こして布団から出なければいけないため、朝起きることができるでしょう。

 

部屋を暗くして寝る

電気をつけたまま寝てしまうと、脳がお昼だと勘違いしてしまい寝つけない原因となります。

そのため、寝る際は部屋の電気を消してから寝ましょう。

 

カーテンを少し開けておいて寝る

カーテンを少し開けて寝ることで、寝室に朝日が差し込むようになります。

寝室に朝日が差し込むことで、部屋が明るくなっていき、脳が目覚めの準備をしてくれます。

 

睡眠時間を確保する

最適な睡眠時間は個人差がありますが、一般的に平均睡眠時間は6~7時間とされています。

6時間未満の睡眠は、朝早く起きるのを辛くするだけでなく、日中の脳の働きや集中力の低下にも繋がります。

 

起床時間、就寝時間を決めておく

起床時間、就寝時間を決めて規則正しい生活をを心がけましょう。

起床時間、就寝時間を決めておかないと、朝遅い時間まで寝て太陽の光を浴びなかったり、夜更かしをしてしまったりと、体内リズムが乱れる原因となります。

体内リズムが乱れてしまうと、睡眠を促すホルモンである「メラトニン」の分泌が抑制され、「眠れない」「朝起きるのがつらい」といった睡眠の悩みが生じてしまいます。

また、休みの日でも同じ時間に起きて体内リズムを崩さないようにしておきましょう。

 

 

朝の勉強を習慣にするためには

朝勉強を習慣にするためには、早起きの準備はもちろん、無理のない勉強量にしておきましょう。

朝から多くの量を勉強しようとすると、短時間でこなすことができず、モチベーションが維持しにくくなります。

短時間でこなせる勉強量を設定し、無理なく朝勉強をすることが習慣化するコツになります。

 

 

朝と夜で勉強内容を分ける

今回この記事では朝勉強をメインにご紹介していますが、夜勉強と使い分けて勉強するとさらに勉強効率を上げることができます。

 

夜勉強は、記憶を整理して定着を行っているため、寝る前の夜に、英単語や歴史用語などの暗記の勉強をすると記憶に残りやすくなります。

ただし、徹夜で遅くまでの勉強は眠気から起こる集中力が低下し、記憶力が弱くなり効率の悪い勉強になります。

しっかりと睡眠時間を確保して、暗記科目を勉強しましょう。

 

 

まとめ

朝勉強につにてご紹介しましたがいかがでしたか?

時間帯による脳の働きを利用して効率的な勉強を行うことができます。

 

しかし、効率的な勉強を行っても、「なぜこの解答になるか分からない」「解説を読んでも理解できない」など自分では解決できないこともあります。

そんな方はぜひ個別指導WAMに気軽にご相談ください。

一人ひとりの苦手の根本原因を見つけ出し解消する指導を行っています。

 

カテゴリ

タグ

電話でのお問い合わせ
0120-20-7733
インターネットでのお問い合わせ
▼ オンライン家庭教師WAM
▼ 家庭教師WAM




|