"六十谷校" の記事一覧

2020年06月25日 16:10

勉強の遅れ・・・

みなさん、こんにちは。 Wam六十谷校です。   そろそろ暑さが本格的になってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 コロナウイルスもおさまりつつありますが、まだまだ油断はできません。 本当に気を付けていきましょう。   最近、ニュースでも取り上げられていますが、各学校の学習の進度がやはりコロナの 影響であまり進んでいないようです。わかってたことではありますが・・・ 3か月ほど学校が休みになり、間違いなくそのしわ寄せが子供たちに影響を及ぼしてます。 入試範囲の削減される地域もあるようですが、果たしてその削減された部分、また、 学習はしたが、本来の時間をさけなかった部
2020年05月22日 21:11

さあ、頑張っていくぞ!!

みなさん、こんばんは。 Wam六十谷校です。   コロナウイルスが終息しつつありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 非常事態宣言が解除されましたが油断せずに、しっかりとマスク・換気・手洗いを行いましょう!!   学校も分散登校ではありますが、徐々に始まりつつあり、いよいよ始まるか!という思いです。 学習時間が減ってしまいましたが、それは致し方のないことですので、これから頑張っていきましょう。   今年度受験生の方々は特に不安を感じてることと思います。 受験がどのように行われるか、例年と全く変わらないのか私自身もわかりませんが、しっかりと準備をし、 子供たちの少
2020年04月24日 17:47

頑張ろう!!

みなさん、こんにちは。 Wam六十谷校です。   4月が終わりに近づいてきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 本当にみなさま、大変な日常が続いていることと思います。 今は誰もが願っていることでしょうが、一日も早いコロナの終息を願います。   Wam六十谷校と致しましても、学校が休校になる中、どのように子供たちに接していくべきか日々悩んでおります。 マスクや換気はもちろん、防疫対策をしっかりと取り、また「密」をさけるために、授業時間を分散したり、 また、オンラインでの授業に切り替えたり様々な取り組みを行っております。 学校が休校になり、塾もお休みになると、勉強は・・
2019年12月31日 23:26

時間と自由

こんばんは、Wam六十谷校の川口です。 強度と持続という概念で”自由”を捉えなおしたアンリ・ベルクソンの「時間と自由」を読みました。訳者が副題の「意識に与えられたものについての試論」に固執した理由はベルクソンの特異な議論構造にあります。一章では強度を二章では持続を、自由のための導入として述べ、自由に対しての争いを俯瞰する観察役として位置する著者は自由をどう捉えるのかが曖昧なまま進みます。 カント以降、心理学では自分自身の組成から借り受けられた形式を介して事物を覚知するという点を確証することに専心しており、意識と外的知覚を分離していましたが、経験学派は空間を持続で、外部性を内的諸状態で再構成しよ…
2019年10月16日 17:26

あっという間に、ポジティブに

こんにちは。個別指導Wam六十谷校です。   夏休みも終わったかと思えば、あっという間にもう10月が半分過ぎてしまいました。     朝晩はすっかり冷えてしまって、体調などは崩されていないでしょうか?   生徒の皆さんは修学旅行や文化祭、運動会や体育祭。色々な行事があったかと思います。   楽しいことはすぐに過ぎて、充実した時間を過ごすことが出来ますよね!   逆にイヤなことほど長く、苦痛に感じてしまうことがあります。   大変なことを「大変だ」と思うのではなく、「やりがいがある」とか「刺激があって良い」と思えるようになると
2019年09月28日 15:19

こんばんは、六十谷校の川口です。   ブライアンズ・ヘイズの「ベッドルームで群論を」読んでおもしろいエピソードがいくつかありました。 日常に数学を使うおもしろい事例として、著者はマットレスのへこみが気になるらしく、定期的にひっくり返してでこぼこをならし、偏りがない状態に保つために黄金律を考えました。マットレスには眠るのには適した面が2つあり、それぞれの面の置き方はどの短辺をヘッドボードに向けるかによって2通りあるので、全部で4つの配置が考えられます。長方形の対称軸は3本なのでどの順で回転を加えることで元の状態に戻るかを抽象化するために、ベッドへの回転操作を群とみなして乗積表を作ってい…
2019年08月31日 23:51

菌類

こんばんは、Wam六十谷校の川口です。 以前から興味深かった菌類について調べていました。あまり生態が知られていないのですが、彼らが生物史に与えてきた影響は大きいです。 菌類は真菌、細菌、ウイルスのグループに分けられます。例えば、椎茸、黒かび、イーストなどは真菌、納豆菌などは細菌、病原菌は細菌やウイルスなどになります。これらは菌糸からできており、菌糸が大きな塊となったものをキノコ、そうでないものをカビ、分離したものを酵母などと分類しています。外見だけで判断してしまいますが、菌糸が全てに共通している特徴であることを改めて知りました。 菌類のおもしろい事例として、落雷や電気ショックで収量が増加すると…
2019年07月29日 01:08

ビット

こんばんは。Wam六十谷校の川口です。 結城浩さんの新作が出ていたので読んでいました。 テーマはビットとバイナリーですが、全体を通して数学的に共通したものを提示することで、読者の数学への興味を誘う内容になっています。作中にも練習問題があったり、研究課題が載せられていたり、夏休みの自由課題としても楽しいです。まずは2進数の説明から入り、スキャナとプリンタのプログラムを例にフィルタを通すことで、1マス右に寄せる操作とdivで2で割って小数以下を切り捨てた実行結果が同じになることや、ビット反転がビット単位の排他的論理和になることを確認します。SWAPやREVERSEなどフィルタの操作がどの命令によっ…
2019年06月30日 23:56

エクリチュール

こんばんは、Wam六十谷校の川口です。  読むことと書くことは全く別のことだと言われます。書くことで表せる形についてロラン・バルトの視点から文学をみていきたいと思います。  同時代の著作家たちに共通の規則や慣習の集合体である《言語体》(ラング)は文学の手前にあり、著作家の経験に関する偏差《文体》(ステイル)はほぼ彼方にあると述べられています。ラングと別に《語り》(パロール)は言語の代行ですが、速さでなく濃密さに個人の気質が表れるステイルは生物学的な起源によって、社会の契約の外に位置します。ステイルがない職人的な古典的エートスを開発したとしてバルトはジッドやヴァレリーを挙げています。小説に限らず…
2019年05月23日 04:24

SiO2

こんにちは、Wam六十谷校の川口です。 今日は2019年05月23日です。20190523は3を1桁目として、どの桁までで切っても素数になる素敵な数字です。 火成岩の構成鉱物の有色、無色はどのようにして決まるのか、順番などはっきりした理由が分からなかったので調べていました。火山岩でも深成岩でも含まれる無色鉱物は斜長石(Ca多)、斜長石(Na多)、石英、カリ長石、有色鉱物は酸化鉄、酸化マグネシウムを多く含む橄欖石、輝石、角閃石、黒雲母に大別されます。しかし晶出順は概念的であり、カルクアルカリ系列のマグマの結晶分化作用では鉄と珪酸分が多い環境下では、四面体の重合度が増すことで多鎖イノ珪酸塩、フィロ…