"六十谷校" の記事一覧

2019年10月16日 17:26

あっという間に、ポジティブに

こんにちは。個別指導Wam六十谷校です。   夏休みも終わったかと思えば、あっという間にもう10月が半分過ぎてしまいました。     朝晩はすっかり冷えてしまって、体調などは崩されていないでしょうか?   生徒の皆さんは修学旅行や文化祭、運動会や体育祭。色々な行事があったかと思います。   楽しいことはすぐに過ぎて、充実した時間を過ごすことが出来ますよね!   逆にイヤなことほど長く、苦痛に感じてしまうことがあります。   大変なことを「大変だ」と思うのではなく、「やりがいがある」とか「刺激があって良い」と思えるようになると
2019年09月28日 15:19

こんばんは、六十谷校の川口です。   ブライアンズ・ヘイズの「ベッドルームで群論を」読んでおもしろいエピソードがいくつかありました。 日常に数学を使うおもしろい事例として、著者はマットレスのへこみが気になるらしく、定期的にひっくり返してでこぼこをならし、偏りがない状態に保つために黄金律を考えました。マットレスには眠るのには適した面が2つあり、それぞれの面の置き方はどの短辺をヘッドボードに向けるかによって2通りあるので、全部で4つの配置が考えられます。長方形の対称軸は3本なのでどの順で回転を加えることで元の状態に戻るかを抽象化するために、ベッドへの回転操作を群とみなして乗積表を作ってい…
2019年08月31日 23:51

菌類

こんばんは、Wam六十谷校の川口です。 以前から興味深かった菌類について調べていました。あまり生態が知られていないのですが、彼らが生物史に与えてきた影響は大きいです。 菌類は真菌、細菌、ウイルスのグループに分けられます。例えば、椎茸、黒かび、イーストなどは真菌、納豆菌などは細菌、病原菌は細菌やウイルスなどになります。これらは菌糸からできており、菌糸が大きな塊となったものをキノコ、そうでないものをカビ、分離したものを酵母などと分類しています。外見だけで判断してしまいますが、菌糸が全てに共通している特徴であることを改めて知りました。 菌類のおもしろい事例として、落雷や電気ショックで収量が増加すると…
2019年07月29日 01:08

ビット

こんばんは。Wam六十谷校の川口です。 結城浩さんの新作が出ていたので読んでいました。 テーマはビットとバイナリーですが、全体を通して数学的に共通したものを提示することで、読者の数学への興味を誘う内容になっています。作中にも練習問題があったり、研究課題が載せられていたり、夏休みの自由課題としても楽しいです。まずは2進数の説明から入り、スキャナとプリンタのプログラムを例にフィルタを通すことで、1マス右に寄せる操作とdivで2で割って小数以下を切り捨てた実行結果が同じになることや、ビット反転がビット単位の排他的論理和になることを確認します。SWAPやREVERSEなどフィルタの操作がどの命令によっ…
2019年06月30日 23:56

エクリチュール

こんばんは、Wam六十谷校の川口です。  読むことと書くことは全く別のことだと言われます。書くことで表せる形についてロラン・バルトの視点から文学をみていきたいと思います。  同時代の著作家たちに共通の規則や慣習の集合体である《言語体》(ラング)は文学の手前にあり、著作家の経験に関する偏差《文体》(ステイル)はほぼ彼方にあると述べられています。ラングと別に《語り》(パロール)は言語の代行ですが、速さでなく濃密さに個人の気質が表れるステイルは生物学的な起源によって、社会の契約の外に位置します。ステイルがない職人的な古典的エートスを開発したとしてバルトはジッドやヴァレリーを挙げています。小説に限らず…
2019年05月23日 04:24

SiO2

こんにちは、Wam六十谷校の川口です。 今日は2019年05月23日です。20190523は3を1桁目として、どの桁までで切っても素数になる素敵な数字です。 火成岩の構成鉱物の有色、無色はどのようにして決まるのか、順番などはっきりした理由が分からなかったので調べていました。火山岩でも深成岩でも含まれる無色鉱物は斜長石(Ca多)、斜長石(Na多)、石英、カリ長石、有色鉱物は酸化鉄、酸化マグネシウムを多く含む橄欖石、輝石、角閃石、黒雲母に大別されます。しかし晶出順は概念的であり、カルクアルカリ系列のマグマの結晶分化作用では鉄と珪酸分が多い環境下では、四面体の重合度が増すことで多鎖イノ珪酸塩、フィロ…
2019年04月30日 15:10

磁性

こんにちは、Wam六十谷校の川口です。 水の反磁性について実験した動画がおもしろかったので、磁性について調べていました。その動画は葡萄の実を天秤のように吊り下げてネオジム磁石を近づけると、磁石から離れるように動くというものです。 世の中の全ての物質は強磁性体、反磁性体、常磁性体に分類されます。強磁性体は磁場により磁化されて磁石となるFe,Co,Ni他それらの合金などで、反磁性体は強い磁場の中に置かれると逆向きに磁化されて反発するものです。多くの物質はこれに該当します。常磁性体は、磁場がない時は磁性を持たない物質です。磁化率は温度に反比例し、強磁性体、反強磁性体が常磁性体に変化する温度があり、キ…
2019年03月31日 22:22

こんばんは。Wam六十谷校の川口です。   東風吹かば にほひをこせよ 梅の花、主なしとて春を忘るな   と菅原道真の歌にありますが、この東風(こち)という読みは特殊で、コチ(小風)の義や、ヒカチ(東風)の約転、コフキの反コヒの転でコは木の精で虎のこと、虎がウソブイて風を成すなど語源は諸説ありますが、こち(哿吉)とも読めるこの春風は道真には「とても良い吉兆の風」と見做されています。他の方位でも南風は”はえ”という読みがありますが、北風、西風は冷害や時化など良くないことを引き起こすため地方によって呼び名が違うようです。外国でも風の名前は無数にあり、ミストラルやシロッコなど聞い…
2019年02月28日 17:20

アルゴリズム

こんにちは、Wam六十谷校の川口です。 以前、AIによる遺伝的アルゴリズムを使ったゲームの映像を見たときに、おもしろそうだと思っていましたが最近色々なものに使われていると感じるようになりました。 遺伝的アルゴリズムは生物進化における遺伝と適者生存による自然淘汰の仕組みをソフトウェアで模すことで複雑な問題の最適解を探索する手法です。ある命題に対する解の候補を遺伝子とその集合体の染色体で表現した個体を複数用意し、適応度の高い個体を優先して交叉、突然変異などの操作を繰り返しながら最適解の探索を行います。必要とされる条件は評価関数の全順序性と探索空間が位相を持っていることです。 各要素は符号化し、表現…
2019年01月31日 16:28

量子力学

こんばんは、Wam六十谷校の川口です。 森田邦久さんの量子力学の哲学を読みました。 量子力学についての本は何冊か読みましたが、知ったのは大人になってからで、その時はミクロな世界の限定的な出来事で、生きていく上でほとんど関係がない現実という認識だったのですが、実は私たちの生活に欠かせないパソコンや携帯電話などにもその技術が応用されているようです。量子力学の原理は未だに不明ですが、その結果はほぼ完全に予測できます。 量子力学の実験のおもしろいところは、測定されるまで状態が分からず、両方が存在しているところです。電子のスピンが測定されるまで決まった値をもっていないように、観測することによってどちらか…
1 / 1712345...10...最後 »