ワム研

ワム研 ワム研

皆さんは、高校入学時にかかる費用がおおよそいくらくらいになるか知っていますか?

世帯収入によっては国の制度により高校の授業料は無料になりますが、受験から入学金、備品の購入など高校入学のためには授業料以外にもさまざまな費用が掛かります。

 

今回はそんな高校入学にかかる費用について、ご紹介します。

 

 

受験料っていくら? 

公立高校 

全日制の公立高校の受験料は、福岡県と佐賀県が2,100円、それ以外は全国一律で2,200円となります。

 

私立高校 

私立高校の受験料は10,000円~30,000円程で学校ごとに大きく異なります。
公立高校が第一志望で練習やすべり止めなどで複数の私立高校を受験する場合は、受けた学校の受験数により受験料の総額が変わってきます。

例えば、私立高校3校と公立高校1校を受験したとすると、およそ70,000円の受験料が必要となります。

 

国立高校 

国立高校の受験料は、全国一律で9,800円となります。

 

 

入学費用っていくら? 

公立高校 

全日制の公立高校の入学金は、全国一律で5,650円となります。(鳥取県、福岡県、佐賀県、長崎県は5,550円)

 

私立高校 

私立高校の入学金は、学校ごとに異なり平均20~40万円程となります。

 

国立高校 

国立高校の入学金は、全国一律で56,400円となります。

 

 

入学時に必要な他の費用は? 

入学金以外にも、入学時には必要な費用がいくつかあるので、ご紹介します。

 

《制服》
夏服と冬服を一式購入する必要があり、およそ50,000円程となります。男子と女子で、値段が違う場合もあります。また、シャツや靴下などにも指定がある場合、洗い替え用に複数購入しておくと良いでしょう。

 

《鞄》
指定の鞄を購入する場合は、5,000~10,000円程必要になります。指定がない場合でも、教科書やその他必要備品を入れるために大容量の鞄が必要となるため、同じくらいの金額がかかってきます。

 

《靴》
通学用の靴、学校が土足禁止の場合は上履き、運動靴、体育館用靴などが必要となります。学校により必要な靴は異なりますが、それぞれ2,000~5,000円程かかります。

 

《教科書》
授業で必要な教科書や辞書などの補助教材、学校によってはタブレットの購入が必要な場合もあります。教科書は選択教科により異なりますが10,000円程、紙の辞書であれば1冊3,000円程、タブレットは60,000~70,000円程かかります。

 

《体操服》
半袖の上下と長袖の上下1セットずつの購入が必要で、およそ20,000円程度となります。洗い替えが必要である場合は追加購入したり、兄弟姉妹がいる場合は譲ってもらうことで費用を抑えるなど状況に合わせて、購入を検討しましょう。

 

《定期券》
電車やバスで通学する場合は定期代が必要となります。さらに、駅から自転車で行く場合は自転車の駐輪場代もかかってきます。

 

《設備費等》
私立高校では、授業料の一部や設備費を入学時に納入しなければならない場合があります。金額は学校によって異なるため、入学案内などを確認しておきましょう。
ほかにも修学旅行積立金やPTA会費などが必要になる場合もあります。

 

 

結局のところいくら必要なの? 

入学時に必要な費用って結局のところいくらになるのでしょうか。

公立高校の場合は、入学金と合わせておよそ20万円程度必要になります。
私立高校の場合は、授業料の一部前払いや設備費なども含まれるので50万円以上必要になる可能性もあります。

 

まとめ 

いかがでしたか?
授業料が無償化になる国の制度もありますが、実は授業料以外にも必要となる経費がたくさんあります。

およそ必要となる金額を把握し、事前に準備しておくと良いでしょう。

私立高校を目指している場合は、公立高校よりも多くの費用が必要となるため、さらに入念な準備が必要となります。

 

また、費用負担を軽減するための高校生等奨学給付金などの支援制度もあるため、対象となるかどうか各都道府県に確認してみるのも良いでしょう。

 

カテゴリ

タグ

電話でのお問い合わせ
0120-20-7733
インターネットでのお問い合わせ
▼ オンライン家庭教師WAM
▼ 家庭教師WAM




|