ワム研

ワム研 ワム研

疑問文とは何かを質問する時に使う文章ですが、皆さん使いこなせていますか?
実は、疑問文にはいくつかの種類があり、それぞれにルールがあります。

 

「ルールって何?」
「いっぱいあって難しそう…」
「この質問の場合はなんて答えればいいの?」

 

そんな悩みをお持ちの方は、ぜひ今回のコラムを読んでみてください!
疑問文の種類やそれぞれのルールなどを、例文を用いて解説していきます!

 

 

英語の疑問文の種類

《一般疑問文とは》
Yes/No疑問文ともいわれる一般疑問文は、「はい/いいえ」で答えることのできる質問をするときに使う疑問文の総称です。
日本語訳では「~ですか?/~していますか?/~できますか?」などと表現します。

 

《付加疑問文とは》

相手に同意を求める際に使う疑問文を付加疑問文と言います。
日本語訳では「~ですよね?」と念押しするような表現となります。

 

《否定疑問文とは》
一般疑問文や付加疑問文は「肯定疑問文」と呼ばれており、「~ですか?」と質問するのに対して、否定疑問文は「~ではないのですか?」と否定形を用いて表現します。
驚きや意外に思う気持ちを表現する際に使うことができます。

 

《疑問詞とは》
疑問詞とは「What、Who、Which、When、Where、Why、Whose、How」のことを指しており、「7W+1H」とも言います。
これらを文頭に置き、「だれが」「どこに」「どのように」などについての質問をすることができます。

 

 

一般疑問文の作り方

一般疑問文には動詞によって大きく3つに分けることができます。
be動詞、一般動詞、助動詞それぞれの疑問文の作り方を確認していきましょう。

 

be動詞(am,are,is/was,were)の疑問文

be動詞の疑問文を作るときは、be動詞を文頭に置いて、文末にクエスチョンマーク「?」を付けます。

 

(例文)
普通の文(肯定文):You are sleepy. (あなたは眠いです。)
疑問文:Are you sleepy? (あなたは眠いですか?)
答え方:Yes, I am. / No I’m not. (はい、眠いです。/ いいえ、眠くないです。)

 

①Am I noisy?  → Yes, you are. / No, you’re not.
②Is this your pen?  → Yes, it is. / No, it isn’t.
③Was Ken a teacher?  → Yes, he was. / No, he wasn’t.
④Were you students 5 years ago?  → Yes, we were. / No, we weren’t.

 

一般動詞(do,does,did)の疑問文

一般動詞の疑問文を作るときは、文頭に「do/does/did」を置いて、文末に「?」を付けます。
「do/does/did」は主語や時制によって使い分けが必要で、動詞は原形となります。

 

(例文)
普通の文(肯定文):You play soccer. (あなたはサッカーをします。)
疑問文:Do you play soccer? (あなたはサッカーをしますか?)
答え方:Yes, I do. / No I don’t. (はい、します。/ いいえ、しません。)

 

⑤Does your mom cook dinner every day?  → Yes, she does. / No, she doesn’t.
⑥Did you study English yesterday?  → Yes, I did. / No, I didn’t.

 

助動詞の疑問文

助動詞の疑問文を作るときは、文頭に助動詞を置いて、文末に「?」を付けます。

また、動詞は原形となります。

 

(例文)
普通の文(肯定文):You can run fast. (あなたは速く走ることができます。)
疑問文:Can you run fast? (あなたは速く走ることができますか?)
答え方:Yes, I can. / No I can’t. (はい、できます。/ いいえ、できません。)

 

⑦May I take a break?  → Yes, you can.(Sure.) / No, you can’t.
(Mayを使う疑問文は「Can」で答える方が意味が自然となります。)
⑧Should I do my homework right now?  → Yes, you should. / No, you shouldn’t.
⑨Will they go to the park tomorrow?  → Yes, they will. / No, they won’t.

 

 

付加疑問文の作り方

付加疑問文

続いて、付加疑問文の作り方を確認しましょう。
付加疑問文は、前半の文章が肯定文であればコンマ「,」の後ろに疑問形の否定文、前半の文章が否定文であればコンマ「,」の後ろに疑問形の肯定文を付けて作ります。 

 

(例文)肯定文+否定文
①Sam can play piano, can’t he?  → Yes, he can. / No, he can’t.
(サムはピアノを弾けますよね? → はい、弾けます。/ いいえ、弾けません。)
②You were a doctor, weren’t you?  → Yes, I was. / No, I wasn’t.
(あなたは医者でしたよね? → はい、そうでした。/ いいえ、違いました。)

 

(例文)否定文+肯定文
③Sam can’t play piano, can he?  → Yes, he can. / No, he can’t.
(サムはピアノを弾けないですよね? → いいえ、弾けます。/ はい、弾けません。)
④You weren’t a doctor, were you?  → Yes, I was. / No, I wasn’t.
(あなたは医者ではありませんでしたよね? → いいえ、そうでした。/ はい、違いました。)

 

付加疑問文では、答えるときに注意が必要です。
例文の①と③、②と④をそれぞれ見比べてみましょう。
①と③ではピアノを弾ける場合の答え方はどちらも「Yes」になっており、弾けない場合は「No」になっています。
②と④も同様に、医者の場合は「Yes」、そうでない場合は「No」となります。

 

英語の場合は「いいえ(否定)、弾けます(肯定)。」というような「否定+肯定」「肯定+否定」の回答の組み合わせはありません。

日本語とは逆になるため気をつけましょう。

 

 

否定疑問文の作り方

否定疑問文

では、否定疑問文の場合はどうなるのか見ていきましょう。
文章の形は肯定疑問文と同じですが、文頭に置く動詞を「否定形」にすることで、否定疑問文となります。

 

(例文)
①Don’t you eat this cake?  → Yes, I do. / No, I don’t.
(このケーキを食べないのですか? → いいえ、食べます。/ はい、食べません。)
②Didn’t Kelly go to bed early yesterday?  → Yes, she did. / No, she didn’t.
(ケリーは昨日、早く寝なかったのですか? → いいえ、寝ました。/ はい、寝ませんでした。)

 

付加疑問文の時と同様に、回答の内容において「否定+肯定」「肯定+否定」の組み合わせはないため、日本語とは逆になります。
少しややこしいですが、しっかり押さえておきたいポイントです。

 

 

疑問詞を用いた疑問文の作り方

疑問詞:Whatの疑問文

「何を」について質問する際は「What」を使って表現します。

 

(例文)
①What are you doing now?  → I’m reading a book.
(あなたは今、何をしていますか? → 私は本を読んでいます。)

 

疑問詞:Whereの疑問文 

「どこに」について質問する際は「Where」を使って表現します。

 

(例文)

②Where did you go last weekend?  → We went to Disneyland.
(先週末はどこに行きましたか?→ 私たちはディズニーランドへ行きました。)

 

疑問詞:Whenの疑問文

「いつ」について質問する際は「When」を使って表現します。

 

(例文)
③When do Tom and Sara have lunch?  → They have lunch at 1 pm.
(トムとサラはいつ昼食を取りますか? → 彼らは午後1時に昼食を取ります。)

 

疑問詞:Whoの疑問文

「誰」について質問する際は「Who」を使って表現します。

 

(例文)
④Who is talking to Jasmine in the cafeteria?  → Sam is.
(カフェテリアでジャスミンと話しているのは誰ですか? → サムです。)

 

疑問詞:Whoseの疑問文

「誰の」について質問する際は「Whose」を使って表現します。

 

(例文)
⑤Whose computer is that?  → That is mine.
(あれは誰のパソコンですか? → あれは私のものです。)

 

疑問詞:Whichの疑問文

「どちらを」について質問する際は「Which」を使って表現します。

 

(例文)
⑥Which does Yuko like chocolate or cookies?  → She likes chocolate.
(ユウコはチョコレートとクッキーのどちらが好きですか? → 彼女はチョコレートが好きです。)

 

疑問詞:Whyの疑問文

「なぜ」について質問する際は「Why」を使って表現します。

 

(例文)
⑦Why did you miss school yesterday?  → Because I had a cold.
(あなたはなぜ昨日学校を欠席したのですか? → なぜなら私は風邪を引いていたからです。)

 

疑問詞:Howの疑問文

「どのように」について質問する際は「How」を使って表現します。

 

(例文)
⑧How does she go to the office?  → She goes by bicycle.
(彼女はどうやってオフィスへ行きますか? → 彼女は自転車で行きます。)

 

 

まとめ

以上が、疑問文についての基本的なルールとなりますがいかがでしたか?

 

「自分一人ではどうしても分からない」「もっと理解を深めたい」
そんな方は、個別指導Wamへご相談ください!お待ちしております!

 

カテゴリ

タグ

電話でのお問い合わせ
0120-20-7733
インターネットでのお問い合わせ
▼ オンライン家庭教師Wam
▼ 家庭教師Wam




|