ワム研

ワム研 ワム研

「内申点」。高校受験をする予定のある人も、した経験のある人も、誰もが耳にしたことのある言葉ではないでしょうか?

内申点は受験の合否判定に使われる非常に重要な資料ですが、
「実際どういうものなの?」「どうやって計算されてるの?」「どうやったら上げられるの?」
と疑問に思っている人もいるでしょう。

今回は、高校受験に影響する内申点について、内容や計算方法、上げ方をご紹介します。

 

 

高校受験に影響する「内申」とは?

そもそも「内申」とは、中学の先生が作成し、選考資料として受験高校へ提出するものです。
内申書(調査書)とは、中学の成績や学校生活についてまとめられ、生徒が受験高校に提出する書類です。

合否判定の資料として使用されます。

内申点とは、内申書(調査書)に記載される、9教科における5段階評定の数値を合計した点数のことです。

調査書点や調査書素点、評定合計などとも呼ばれます。
高校受験では学力検査と内申点で合否が決まります。

 

内申書に記載される内容は?

内申書には、


・教科ごとの成績(評定)
・英検、漢検などの検定結果
・学級、部活動、学校行事などでの役職や活動内容
・欠席日数
・総合所見


などが記載されます。

具体的な内容は都道府県によりますが、成績だけでなく、課外活動も含めて総合的に評価されます。
学期ごとの成績が記載された通知表とは異なります。

通知書は生徒が自分の成績を把握するためのものであるのに対して、内申書は、受験高校が生徒の成績を把握するためのものです。

 

内申点が高校受験にどう影響するの?

高校受験において内申点がどのくらい評価に関わるかは、都道府県ごとに異なります。
例えば東京都立高校の場合は、学力検査と内申書の比率が7:3となっています。

学科によっては6:4の場合もあり、内申点をそのまま用いるのではなく、傾斜配点によって加算する場合もあります。

 

評価される学年は都道府県によって異なる

何年生の内申点が評価に関わるかは、都道府県で異なります。

例として東京都・神奈川県・千葉県で比較すると、次のようになります。


東京都 :中3
神奈川県:中2・中3
千葉県 :中1・中2・中3

 

東京都立高校では3年生のみですが、千葉県立高校では中学3年間の内申点が合否判定に用いられます。

中1・中2は学年末に出される学年全体の成績が記載され、中3は2学期あるいは後期中間テストまでの成績が記載されます。
しかし、内申書の評価は学業の成績だけではありません。

都道府県によって重点的に評価するポイントも変わってきます。

高校受験対策は、学力と学生生活の総合評価が重要です。

 

内申点の付け方は?

内申点の計算方法

それでは、内申点はどのようにして付けられるのでしょうか。

内申点は「素内申点」と「換算内申点」の2種類に分けられます。

それぞれの計算方法について見ていきましょう。

 

素内申点

素内申点とは、9教科の成績を5段階で評価した「評定」を、合計した点数のことです。

評定は内申書に記載されています。全学年で次のような計算になります。


5点満点×9教科=45点満点

 

具体例を見てみましょう。

英語:4 数学:4 国語:4 理科:4 社会:4
音楽:4 美術:4 技術:4 体育:4

このような評定の場合の素内申点は、
4+4+4+4+4+4+4+4+4=36点
となります。

 

 換算内申点

換算内申点とは、素内申点をもとに、合否判定のために各都道府県が定める計算方法によって算出される点数のことです。
例えば、東京都立高校の一般入試では、一部の学科を除いて、学力検査を実施しない実技4教科の評定が2倍されます。計算式は次の通りです。


(主要5教科25点満点)+(実技4教科20点満点)×2=65点満点

 

具体例を見てみましょう。

英語:3 数学:3 国語:3 理科:3 社会:3
音楽:4 美術:4 技術:4 体育:4

このような評定の場合の換算内申点は、
3+3+3+3+3+(4+4+4+4)×2=47点
となります。

 

東京都は中3のみの内申点が利用されますが、都道府県によっては学年ごとに内申点の計算における比率が異なる場合もあります。

 

 

内申点を上げるためには?

日頃の授業態度・学習態度

授業に意欲的に参加することが大切です。

姿勢よく座り、先生の話を集中して聞き、ノートを取りましょう。

積極的に発言したり、分からないところを授業後に質問したりすると、よりよい印象を与えられます。グループディスカッションでは、周りの意見をよく聞き、自分の意見をしっかり言葉で伝えましょう。
また、日頃から遅刻や欠席をしないことも重要です。

1年を通して欠席日数が60日以上になると、受験で不利になります。

やむを得ない理由がある場合は、理由を書いて届け出るようにしましょう。

 

テストの点数

定期テストの点数を上げることは内申点アップに欠かせません。

しっかりとテスト対策を行うことが大切です。

中学校の定期テストは授業内容が中心となりますが、テスト直前になって勉強しても高得点は取れません。

普段の小テストもおろそかにせず、計画的に勉強することを心掛けましょう。
定期テストは基本問題が6割、応用問題が4割出題されることが多くなっています。

基本問題だけでも6割は得点できますが、内申点を上げるためには応用問題に対応できる力をつけることが大切です。

塾に通うのもよいでしょう。学力を高めることは学力検査の対策にもつながります。

 

課題の提出

宿題やプリントなどの課題を提出することも重要です。

定期テストでよい点数をとっても、課題の提出を忘れると成績が下がってしまう恐れがあります。

提出期限はきちんと守るようにしましょう。


また、ただ期限を守るだけではなく、内容も丁寧に取り組むことが大切です。

抜けや漏れのないように気を付け、字も丁寧に書くように心掛けましょう。
授業ノートの提出がある場合は、板書しているだけでは内申点は上がりません。

先生が言ったことをメモしたり、自分で理解しようとしていることが分かるノートの取り方をしていると、高評価につながるでしょう。

 

副教科も怠らない

主教科だけでなく、音楽・美術・技術・体育の副教科の成績も内申に関わります。

決しておろそかにせず、主要教科と同様にしっかり取り組みましょう。
これらの実技教科については、能力があるかどうかはそれほど重視されない傾向にあります。

主要教科と同様に、知識や技術をさらに身に付けようと、真面目に一生懸命取り組む姿勢が評価につながります。

そのため、全教科において、上記3つのポイントを心掛けることが重要です。

 

 

部活動や課外活動も積極的に参加しよう

部活動に熱心に取り組んでいるという人は多いでしょう。

実際のところ、部活動や課外活動は、内申に直接的な影響を与えることはありません。

しかし、内申書には記載されるため、入試の面接で評価される可能性があります。
面接は面接官が内申書を見ながら進めることが多く、学業以外の活動について問われることもあります。

そのため、部活動やボランティア活動、委員会活動、学校行事などにも積極的に参加することがオススメです。


また、高校によっては部活動での実績が推薦の条件となっている場合や、加点対象になる場合もあります。

そのような場合は入試要項に記載されることが多いため、志望校の評価方法は早めに確認しておきましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

内申点は高校受験をする上で欠かせません。

この記事では、内申書の内容や内申点の計算方法、どうすれば内申点を上げられるかについてご紹介しました。
内申点の中枢を担うのは学業の成績です。

定期テストの点数も大きく関連するため、日頃のテスト対策も怠らないようにしましょう。


テスト対策には個別指導塾がオススメです。

個別指導Wamでは、一人ひとりの学習状況に合わせた指導を行っています。

個別指導Wamで成績を上げ、内申点アップを目指しませんか。ご相談をお待ちしています。

 

 

カテゴリ

タグ

電話でのお問い合わせ
0120-20-7733
インターネットでのお問い合わせ
▼ オンライン家庭教師Wam
▼ 家庭教師Wam




|