"八王子市" の記事一覧

2017年08月14日 11:31

のんびりと家族の背中を見ながら

のんびりと家族の背中を見ながら
こんにちは。個別指導Wam小宮町校です。   のんびりと家族の背中を見ながら   木道を歩く家族の背中を見ながら、自然の中で時間を過ごしました。                           べンチは日差しはありますが、木々が日陰を作ってくれていて、うたた寝に最適。おまけに涼しい風も吹いて。                 まっすぐ伸びる木道を入道雲のほうへ
2017年08月14日 10:59

流星 今年も

こんにちは。個別指導Wam小宮町校です。   流星 今年も   曇り空に雨混じりの天気の中、ペルセウス座流星群を見たくて出発。目的地に着いたのは午前0時を回っていました。雲の切れ間から星が見えています!暖かい寝袋にくるまって見上げていると、星が流れていきます。雲が広がり、やがて見えにくくなるまでの30分。今年もしっかり見ることができました。写真にはおさめられないので、文章だけでごめんなさい。天候不順の夏に、こうして流星を見ることができて幸運でした。
2017年08月08日 12:38

8月9日が来るたびに。

8月9日が来るたびに。
こんにちは。個別指導Wam小宮町校です。 8月9日を明日に控え、2年前のブログの再録ですが。私にとって一生ものの思い出なので。 以下、2015年8月9日付です。   8月9日が来るたびに。   8月9日。長崎の原爆記念日。 学生時代、広島、長崎に卒論テーマの資料集めに行った時のこと。長崎で3~4泊して調査が必要でした。ただお金はなく、どうしようか行く前から困っていたところ、友人のご両親が長崎在住だと知り、お手紙を出しました。「3~4泊させていただけませんか」と。 快諾していただいたのですが、あとで友人から聞いたところ、「秋元の手紙の文章が気に入ったらしい」とのこと。 お宅を…
2017年08月07日 22:35

夏の夜の夢

夏の夜の夢
こんにちは。個別指導Wam小宮町校です。   夏の夜の夢   夏休みの講習をしていても、生徒たちが夏祭りのことを話していると、「そうかあ、花火もあるんだろうなあ」などと郷愁にかられます。雨模様の中、無理して行われる花火大会は、曇り空に隠れて音しか聞こえず、かえって寂しい気持ちにもなります。どうせなら雲一つない夜空にドーンと大輪の花を咲かせてほしい。たとえ見に行けなくても。   ここまでは前置き。若かりし頃。夏の夜空を見上げている女性に、「何を見ているのですか?」と聞いたところ、「やっぱり見えませんね。街中では」と。何のことかしら?と思っていたら「天の川」と一言。
2017年08月02日 13:35

生命力半端ナイ!

生命力半端ナイ!
こんにちは。個別指導Wam小宮町校です。   生命力半端ナイ!   毎日教室に来ると、花壇の花たちを見て喜んでいます。 細々していたのがモアモアしてきたのですから。                 (植えたばかり)   (今日の様子)   雨模様の天気なので、水も上げていません。植え替えの時に肥料を足しただけであとは何も。   つやっぽい緑の葉に、くっきりした色の花。生きて、成長して、次の芽を育てている。生命力のなんと素晴らしいことか。 夏から秋にかけて、ずっと
2017年08月02日 07:43

名訳を語った恩師

名訳を語った恩師
  こんにちは。個別指導Wam小宮町校です。   名訳を語った恩師   私にはこれまでに、忘れることができない恩師が何人かおります。 ある時、その方が、大好きな詩を紹介してくれました。ウォルト・ホイットマンの詩。   Do I contradict myself? Very well then I contradict myself, (I am large, I contain multitudes.)   そして自分で訳も付けて。   僕が矛盾してるって?そうさ!僕はこれからも矛盾するのさ。 だって、僕はでっかくて、いろんなものを…
2017年08月01日 12:11

アウグスツスは何を思うのか

アウグスツスは何を思うのか
こんにちは。個別指導Wam小宮町校です。   アウグスツスは何を思うのか   初代ローマ皇帝アウグスツス。8月の月名の由来です。ユリウス(彼の義父)の暦の訂正を行い、8月を自分の名前に変えました。   塩野七生さんの「ローマ人の物語」が好きで読むのですが、夏期講習で忙しく、ここしばらくは手に取れません。ですが、8月を迎えるとふと思います。アウグスツスは何を思い、帝国の礎を築いたのか。   ローマの平和と呼ばれる数世紀の繁栄を、支配を受けた民は「ローマ人は廃墟を築き、それを平和と呼ぶ」と痛烈に告発しました。   さまざまな視点で歴史を検証するこ
2017年07月30日 18:33

月夜の蟹

月夜の蟹
こんにちは。個別指導Wam小宮町校です。   月夜の蟹   波打ち際で波間に漂うモノを見ていました。貝、ヤドカリ、海藻、蟹。ゆらゆらと小さなエイが。動きがおかしいので棒でつついてみると(しっぽのとげには毒があるので素手では触れません)、残念、もう死んでしまっていました。   脱皮したカニの甲羅を見つけました。甲殻類は成長すると甲羅を脱ぎ捨て、一回り大きい甲羅で成長するとか。 脱皮したばかりのカニは、甲羅は大きいのに、中身はまだ小さい。だぶだぶの制服を着た1年生みたい。   月夜の晩に、カニたちは古い甲羅を脱ぎ捨てるそうで、だから人間たちはそんなカニを「月
2017年07月29日 12:52

朝から

朝から
こんにちは。個別指導Wam小宮町校です。   朝から   朝から何ですか?朝から大勢の生徒さんです。 日頃塾は夕方から生徒さんが来るので、写真の風景も夜のものが多いのです。                               明るい中での「自転車たち」は、普段と違う、ウツクシイ風景です。
1 / 4212345...102030...最後 »