"脇浜校" の記事一覧

2018年07月13日 00:48

応援

こんにちは!Wam脇浜校の松田です!   今回は、応援、について   サッカーのワールドカップやオリンピック等、何かを必死に頑張っていることに対して応援したくなりますね。   応援したくなる要素には、その本人の意志があることを前提にも感じます。   例えば、そこには親の子どもへの想いもあるとおもいます。子どもに対する親の想い、その必死に頑張っていることに対して応援したくなります。 他には、自分なりに懸命に努力しているけどなかなか上手くならない、それでも頑張っている姿、それにも応援したくなります。   相手の期待に応える、応援される、というのは大…
2018年07月06日 23:19

クール

こんにちは!Wam脇浜校の松田です!   夏が始まる前の連日の大雨、大阪の南方に位置するこちら側では、大雨と気温の低下で、先週までの暑さとうって変わって、一時の涼やかさがありました。   どんどんと熱があがる前のスタートラインのようです。暑くなっていく夏を熱く迎えていくことになるでしょう。   夏休みを迎えるにあたって、夏休みをどうしていくかの面談が行われてきています。   長年の経験で、暑くなってくることは分かっていますよね。その上で今何をしておくか、各々(おのおの)の課題があります。   例えば、暑さに対して、どのように過ごして、涼しい秋を…
2018年06月23日 20:08

雨天の友

こんにちは!Wam脇浜校の松田です!   梅雨にも入って、雨の日が続いていたりしますね。   テスト期間ということもあり、土日も教室では授業が行われています。   今回は、雨天の友について   雨の日にもたずねてくれる、というのはとても嬉しいことです。   雨の日や苦しいとき、病気のときであったり,,,   相手方がそんなときでも動ける、というのはすばらしいことだと感じます。楽しいときや嬉しいときだけ参加する、というのも一つではあると思いますが、 やはり苦しいときも知っていくことで、楽しいときや嬉しいときに見渡していけるものでもあるの…
2018年06月16日 21:28

同じ

こんにちは!Wam脇浜校の松田です!     今回は、同じについて   とても好きな映画に『i,ROBOT』というものがあります。そこに出てくるスプーナー刑事とカルヴィン博士の会話は、相違がとてもありますが、しかし核心となるところは同じ、という様子で興味深いものでした。   また、そこに出てくるロボットに対しての認識にも相違があります。   <ロボットは、安全だ>という認識と、<ロボットは、心のないただの機械だ>という認識です。 対象が同じであっても、たくさんの認識があったりしますね。   他にも色々な対比で、
2018年06月08日 22:06

研究

こんにちは!Wam脇浜校の松田です。   今回は、研究について   とある大学のフレーズです。(その大学のまわしものではありません。)   『不可能を可能にする。それが研究だ』   不可能なことが可能になる、というのは矛盾したことのようでもありますが、そういえばIPS細胞や人工知能、インターネット等、一昔前から考えれば、実現不可能に思えるようなことが可能になってきています。   不可能といえることも研究に研究を重ねれば、不可能を可能に変化させることもできる、と考えられます。 例えば、今までは全く知らなかったことでも、知ろう知ろうとすると見つけ出…
2018年06月05日 23:21

三省

こんにちは!Wam脇浜校の松田です!   私が生徒たちによく言う言葉があります。傷ついたり落ち込んだり、哀しいことがあったら、それを忘れないように、と。人生をすすめていくにおいて傷つくことや哀しいこともたくさんあると思います。もちろん、楽しいことや嬉しいことも。   人生経験の豊富な人びとからすれば大したことでは無いですが、私の経験上、傷つくときはいっぱい傷つく、哀しいときはいっぱい哀しむとたくさんのことを得ることができています。 例えば、人は外傷、特に小さなケガをすればそのときは痛いですが、その小さなケガが治れば痛かったことを忘れてしまいます。しかし、大きくケガをすれば、…
2018年06月01日 22:11

運動会

こんにちは!Wam脇浜校の松田です!   近く日曜日には小学校で運動会がひらかれますね。力いっぱい元気に覚えた踊りであったり、リレーであったり頑張ってほしいと思います。   また中学生についても近く修学旅行が控えています。オンとオフというのは何事もバランスで大切だと感じます。   オンのときはしっかりと頑張る、オフはオフをしっかり頑張る、だと思います。   ケガやそういったものにならぬよう、注意をはらって楽しんでください。   歌でいうと、「Caramelldansen」であったり、「ソリッドスケート・スカウター」といったところでしょうか。 &
2018年05月25日 23:08

感想戦

こんにちは!Wam脇浜校の松田です!   中間テストに向けて勉強をよく頑張ってくれていました。頑張ったその経過がとても大切に思うところです。   将棋が詳しいというわけではありませんが、感想戦というものがありますね。   自身がどういうふうに考えてどういう風にすすめたかを相手も交えて、過去の自身を客観的に上空の方から眺める行動とみられます。   私も含めて難しいことですが、せっかくの頑張りをもう一度たどる、というのは必要なことなのかもしれません。何が良いかというと、もう一度その頑張りを再生するということは、いっきに忘れてしまうことの防止であったり定着につ
2018年05月22日 23:21

言語化

こんにちは!Wam脇浜校の松田です!   今回は、言語化について   多くの人が、観たり聞いたりと様々な経験をしていることと思います。 しかし、様々な経験も、その人によって頭の整理において言語化されているようです。私もそのように思います。同じ経験をとっても、どのように言語化するかは様々、ということです。   例えば、ある本においてもそうでしょう。小さい頃に読んだ本の内容と、大人になって読んだ同じ本の内容への言語化は違っていたりします。   この言語化、といったものは表れ方が様々です。例えば、外国において覚えた英単語をひっぱりだしたとしても、その覚えている…
2018年05月17日 23:06

不器用らしさ

こんにちは!Wam脇浜校の松田です!   今回は、不器用について   不器用な人っていますよね。何をするにもなかなかできない、上達が遅いといった人です。   その人にとって、なにがなんでもすぐにできるようになれ!といったものはとても厳しい挫折を招きやすいものだと思っています。   私自身も人よりもなにより不器用で、何をするにもできるようになるまですごく時間がかかる、いわゆる手間のかかる子どもだっただろうと思います。そんな中、いわゆるスパルタなもの(なにがなんでもできるようにする)といった類に挫折を味わったことも多くあります。   そこで何かを得…
1 / 1912345...10...最後 »