"畠中校" の記事一覧

2018年10月12日 08:35

砂の城

♪波打ち際で、砂の城を作って 波にさらわれて、崩れ溶けて消えて、 だから、また作る♪ 30年来のフェイバリットアーチスト、SIONの曲の一節です。   実力テスト・中間テスト・模試…と、テストが多い季節ですが、 必ずしも、納得する結果ばかりとは限りません。 私は、一喜一憂する必要がないと思っています。 それより大切なのは、また、”砂の城”を作る気持ちです。      
2018年10月06日 11:49

情熱大陸

先日の放送を、見られましたか? 「100年に一人の逸材」でしたね。 私の身長・体重と、ほぼ同じなのですが、 棚橋選手は鋼のような肉体です。 「情熱大陸」をご覧になられた方は、 お分かりと思いますが、 多忙にもかかわらず、凄い練習量です。 その練習量が、素晴らしい体を作り、 強さの秘訣なんでしょう。 勉強も同じで、「質」を求める前に、 やはり「量」です。
2018年09月20日 23:17

夢なき者に成功なし

9/19のWam福泉校のブログを読み、 吉田松陰の言葉を思い出しました。   夢なき者に理想なし 理想なき者に計画なし 計画なき者に実行なし 実行なき者に成功なし 故に、夢なき者に成功なし
2018年09月14日 15:56

金哲彦

先日、長野県でのランニング教室に行ってきました。 講師は、金哲彦先生! 金先生には、私のランニングフォームを診断して頂きました。 そしたら、なんと、フォームがいい!と。 正直、嬉しい。 私の15年程前のベストタイムが、3時間29分なので、 憧れのサブスリーを達成するためのコツを、金先生に尋ねると、 「達成するか否かは、どれぐらい自分がそうなりたいかによって決まります」と。 このことは、マラソンだけではありませんね。    
2018年08月30日 19:11

安部公房の芥川賞受賞作「壁」は、学生の頃、何度も読んだお気に入りの作品なのですが、 紅白歌合戦出場歌手の竹原ピストルの曲に、こんな歌詞があります。 ♪ 蹴り破ることが出来ない壁はあっても 押し倒すことが出来ない壁はあっても 見据えることが出来ない壁はあっても 乗り越えることが出来ない壁はなかった ♪
2018年08月17日 01:25

本気の夏、100回目。

お盆休みの初日、高校野球7日目の甲子園に行ってきました。 愛工大名電は、野球のみならず、応援団のレベルも高くて、ビックリ。 100回記念大会ということで、「100」に関する話を。 「努力のツボ」の話をご存知でしょうか? 努力というのは、スグに成果が表れるというものではありません。 努力の量は正比例で増えていきますが、その成果は、初めはほとんど表れません。 しかし、毎日努力を続けていくと、ある日突然、その成果がグンと表れる時期が来ます。 成果が表れるまでの目安は、100日、あるいは100回です。 そうすると、目に見えて成果が表れてきます。 「100」にチャレンジしませんか?   &nb
2018年07月28日 14:00

Go for broke!

「当たって砕けろ」という言葉は、よく耳にしますが、 「Go for broke!」は、三十数年前まで、私自身知りませんでした。 言葉というのは、誰が言ったかで、重みが違いますし、 影響を受ける受けないがありますよね。 学生だった私が、この方からこの言葉を知ったから、 この言葉が好きなんです。 R.I.P マサ斎藤  
2018年07月15日 01:08

石垣りん

暑い毎日が続いていますが、 この季節になると、この詩が思い浮かびます。   「崖」 戦争の終り、 サイパン島の崖の上から 次々に身を投げた女たち。 美徳やら義理やら体裁やら 何やら。 火だの男だのに追いつめられて。 とばなければならないからとびこんだ。 ゆき場のないゆき場所。 (崖はいつも女をまっさかさまにする) それがねえ まだ一人も海にとどかないのだ。 十五年もたつというのに どうしたんだろう。 あの、 女。     一年前、私のリスペクトする斉藤れいなさんも、 石垣りん好きと知りました。  
2018年07月02日 13:16

文鳥文庫

って、ご存知ですか? 短編ばかりの文庫で、ちょっとオシャレで、 著名な文学作品が読めます。 梶井基次郎と森鴎外と同じ誕生日だからか… 私の趣味は文学。 ちょっと長いからか、 文鳥文庫だけど、「文鳥」はない。
1 / 1212345...10...最後 »