"貝塚市" の記事一覧

2018年08月17日 01:25

本気の夏、100回目。

お盆休みの初日、高校野球7日目の甲子園に行ってきました。 愛工大名電は、野球のみならず、応援団のレベルも高くて、ビックリ。 100回記念大会ということで、「100」に関する話を。 「努力のツボ」の話をご存知でしょうか? 努力というのは、スグに成果が表れるというものではありません。 努力の量は正比例で増えていきますが、その成果は、初めはほとんど表れません。 しかし、毎日努力を続けていくと、ある日突然、その成果がグンと表れる時期が来ます。 成果が表れるまでの目安は、100日、あるいは100回です。 そうすると、目に見えて成果が表れてきます。 「100」にチャレンジしませんか?   &nb
2018年08月10日 22:54

一休み

こんにちは!Wam脇浜校の松田です!   脇浜校においても、8/11~15はお盆休みで休校となります。   暑い中での頑張りもまずは一休み、ですね。暑い中、お陰様でどうにか皆様ご無事なことがなによりです。   物淋しさも感じられ、また夏の後半も元気な様をお祈りするとともに、またどうぞよろしくお願い申し上げます。     話が変わりますが、一休さんを観て育った世代としては、騒々しく騒がしくバタバタと忙しく急いでいる喧騒も、どこか静けさの中で、ふと思いにふけピンと考えを起こしたり、今というかけがえの無い過ぎ去っていく一瞬一瞬をありがたく感じたりもし…
2018年08月07日 22:27

共鳴

こんにちは!Wam脇浜校の松田です!   夏真っ只中といった暑さですね。みんな夏を頑張ってくれています。それは生徒だけにとどまらず色々な方の頑張りによるものであると感じます。   リレーで例えますと、各々の懸命な走りによって次へとつながれていきます。あるアンカーで、一位でバトンをもらったとします、そこで一位と二位の差が歴然で、ゆっくり走っても一位でゴールする状況を想定してみてください。   そこでどう考えをすすめるか、です。結果論でいけばゆっくり走れば良いのであって、懸命に走らずとも良いわけです。 しかし、そのバトンにたくさんの人の頑張りがあって、一度は最下位にな…
2018年07月29日 00:34

肝だめし

こんにちは!Wam脇浜校の松田です!   夏休みにも入りまして、暑い日が続いていますね。暑くて夏バテであったり熱中症であったりと、体にこたえてくるものでもあります。   私のことよりも来てくれている方々が夏バテしないか熱中症等で調子をわるくしていないか、そういったことを思っていたりします。   今回は、肝だめしについて   暑い夏をひんやりと冷やしてくれる肝だめしというものは夏の風物詩でもありますね。   確かに、そういった恐い思いをすると冷えるようです。   これからも続く暑い夏、暑さでボーっとしてしまいがちでもあります。しかし、そ…
2018年07月28日 14:00

Go for broke!

「当たって砕けろ」という言葉は、よく耳にしますが、 「Go for broke!」は、三十数年前まで、私自身知りませんでした。 言葉というのは、誰が言ったかで、重みが違いますし、 影響を受ける受けないがありますよね。 学生だった私が、この方からこの言葉を知ったから、 この言葉が好きなんです。 R.I.P マサ斎藤  
2018年07月15日 01:08

石垣りん

暑い毎日が続いていますが、 この季節になると、この詩が思い浮かびます。   「崖」 戦争の終り、 サイパン島の崖の上から 次々に身を投げた女たち。 美徳やら義理やら体裁やら 何やら。 火だの男だのに追いつめられて。 とばなければならないからとびこんだ。 ゆき場のないゆき場所。 (崖はいつも女をまっさかさまにする) それがねえ まだ一人も海にとどかないのだ。 十五年もたつというのに どうしたんだろう。 あの、 女。     一年前、私のリスペクトする斉藤れいなさんも、 石垣りん好きと知りました。  
2018年07月13日 00:48

応援

こんにちは!Wam脇浜校の松田です!   今回は、応援、について   サッカーのワールドカップやオリンピック等、何かを必死に頑張っていることに対して応援したくなりますね。   応援したくなる要素には、その本人の意志があることを前提にも感じます。   例えば、そこには親の子どもへの想いもあるとおもいます。子どもに対する親の想い、その必死に頑張っていることに対して応援したくなります。 他には、自分なりに懸命に努力しているけどなかなか上手くならない、それでも頑張っている姿、それにも応援したくなります。   相手の期待に応える、応援される、というのは大…
2018年07月06日 23:19

クール

こんにちは!Wam脇浜校の松田です!   夏が始まる前の連日の大雨、大阪の南方に位置するこちら側では、大雨と気温の低下で、先週までの暑さとうって変わって、一時の涼やかさがありました。   どんどんと熱があがる前のスタートラインのようです。暑くなっていく夏を熱く迎えていくことになるでしょう。   夏休みを迎えるにあたって、夏休みをどうしていくかの面談が行われてきています。   長年の経験で、暑くなってくることは分かっていますよね。その上で今何をしておくか、各々(おのおの)の課題があります。   例えば、暑さに対して、どのように過ごして、涼しい秋を…
2018年07月02日 13:16

文鳥文庫

って、ご存知ですか? 短編ばかりの文庫で、ちょっとオシャレで、 著名な文学作品が読めます。 梶井基次郎と森鴎外と同じ誕生日だからか… 私の趣味は文学。 ちょっと長いからか、 文鳥文庫だけど、「文鳥」はない。
2018年06月30日 10:20

三沢といえば…

エメラルド・フロウジョンの三沢光晴を連想される方が多いかと思いますが、 私にとって、三沢といえば、「島のブルース」の三沢あけみです。   40年程前、 私が小学校6年生の時に出場した 「チビッコのど自慢大会」の特別審査委員が三沢あけみさんだったからです。   その三沢さんが、総評で、 「とてもうまかったよ」と、私を褒めてくださったのです。   そのことがキッカケで、歌うことが益々好きになり、 カラオケ大会も頻繁に出るようになり、 気がつけば、そのおかげで、 今では、人前で話すのも、全然緊張しません。   私は、自分の経験を踏まえ、 子ども達の「よいところ
1 / 2812345...1020...最後 »