"和歌山市" の記事一覧

2019年02月22日 21:17

限界まで貫き通す

こんにちは。Wam西浜校です。2月もあと6日。「行く(1月)」「過ぎる(2月)」「去る(3月)」の2月が間もなく「過   ぎ」ますね。まだまだ寒いですし、体調は崩されていないでしょうか?明日、2月23日は、中島みゆきさんの誕生日で「肩に   降る雨」と言う作品と交えながらブログを書いたと思います。因みに、皇太子殿下のご誕生あそばされた日でもあるのです   ね。近い将来、祭日がもう一日増えるのでしょうか・・・?中島みゆきさんに「鷹の歌」と言う作品が有ります。おそらく、   一つの時代を築かれたであろう方を「鷹」に形容しています。傷つき、「老い」と共に衰えて…
2019年02月20日 13:58

学年末テストとの闘い

こんにちは。 個別指導Wam小松原校で教室長事務員をしております、定平です。 春が近づいたことで、花粉症の私にとっては辛い時期に入りました。寒さの次は花粉症との闘いです。 学生たちは学年末テストとの闘いですね。テスト範囲も続々と発表されてきました。一学期と二学期みたいに二回テストをしないことが多い三学期。そのため、テスト範囲がとにかく広い。そして副教科もテストに入る学校もありますから、学年末テストは恐ろしい。   小松原校ではテスト対策授業や過去問を使ってテスト当日に備え勉強をサポートしています(通常授業も勿論あります)。学校で配られるプリントを何度も解いたりしていますか。前日に詰め
2019年02月19日 22:34

おめでとう!!

みなさん、こんばんは~ Wam川永校です。   本日は、うれしい報告を一つさせて頂きます。   高校を卒業し、福祉関係の仕事をしながら看護学校を目指している生徒がいました。 昨年も挑戦したのですが、結果はダメでした。そこで諦めることなく、もう一年頑張ろう ということで、引き続き仕事をしながら、勉強を続け、今年無事合格してくれました。   この生徒は、お世辞にも学力が高いというわけではありません。また、体調を崩すことが 多く、その都度勉強が止まってしまったりしました。仕事も非常にハードです。 本当によく頑張ったなぁと思います。これからもっともっと大変なことがあるでし
2019年02月18日 17:45

イップス

和歌山市梶取交差点の近くにあります、個別指導Wam河北校の豊田です。さて、和歌山の公立高入試まで約20日となってまいりました。これから自分を追い込んでいかないといけない時期ですが、この時期は不安と緊張からか、普段何気に出来ていたことが出来なくなったり、単純なミスを繰り返したり。。。という生徒がごく稀に出てきます。特に成績上位の生徒に多いです。よくスポーツの世界で「イップス」という言葉を目にします。当たり前に出来たことが、精神的な不安から出来なくなってくることです。これは勉強面でも言えることでミスがミスが呼び、更に不安になってしまうことがあります。こういう時は、怖いかもしれませんが思い切って「休
2019年02月16日 15:33

駅前校その23

こんにちは。刺すような冷え込みが続きますね。駅前校からです。 今から約75年前は太平洋戦争の終焉が近づき、硫黄島の戦いが開始された頃です。   さて、私大入試等の結果が先週より届いています。いまのところ、合格の報告が続き、安殿のため息が出るばかりです。一番心配していた看護受験の社会人の生徒からも喜びの連絡が入りました。 来週いっぱいは私大の一般入試の発表が続き、それが終わればいよいよ国公立大学の前期試験です。   本日も合格発表がありそうですから、これ位にて終了します。
2019年02月15日 22:29

自分で限界を作らない

こんにちは。Wam西浜校です。2月も早や半月が過ぎようとしています。今月は28日しかないですし、身に沁みる寒さを   寄越す風と共に、時間が速く吹き抜けて行きそうな感じです。授業中の教室内巡回、面談室の机に身を囲んだ形の自習の様子   窺い、生徒達からの質問受け等の中で、やり取りをしていると、生徒に対しても自分に対しても「まだまだする事は有る   な・・・」と感じることがあります。こちらの発問に対して、各々の解答スピードが千差万別であったり、聞き取りをしてみ   ると、覚え方・要領・苦手意識の面などから、実は自身で中々知識として落とし込めていなかった単元…
2019年02月15日 19:23

学年末テスト対策

個別指導Wam西脇校では中1・中2対象の学年末テスト対策特訓講座を2/23(土)13:20から18:10まで実施します。塾外生も受講できます。お問い合わせは 073-480-2688 Wam西脇校まで。
2019年02月15日 16:22

あと少し

こんにちは。Wam高積校です。 公立高校入試まで1ヶ月をきり、国公立大学の入試もあと一週間ほどとなりました。 受験生たちは日々勉学に勤しんでいます。勉強している様子を見ていても、焦りや不安などが伝わってきます。しかし、それを口に出す生徒はいません。 ここで諦めてしまうと、今まで努力してきたことが無駄になってしまうということを、本人たちはわかっているのでしょう。私たちの知らないところで本人たちは色々と考え、悩んでいると思います。 私にできることは、余計なことを言わず彼らを静かに見守り、不必要な負担をかけずに勉強に集中できる環境を整え、勉強に関するアドバイスなどをしてあげることだと思います。 最後
2019年02月13日 22:09

【初志貫徹】

こんばんは!Wam小松原校の北野です。   和歌山県では公立高校入試まで残り1ヶ月を切り、中3生が日々勉強に励んでいる姿を見かけます。   私立高校入試も無事終わり、学校や塾の面談を踏まえて出願先を決定していく時期でもあります。   小松原校では、受験生になるにあたって最初に決めた志望校からずっと変わらない生徒も多いですが、 この時期になると進路を変えるべきか悩みだす生徒もいます。 しかしながら、内申点や実力テストの点数が余程厳しい状況でない限り、最後まで諦めずに目指して ほしいものです。   最初に自分の中で決めた志望校に対して『初志貫徹』して最後まで
2019年02月08日 15:54

距離感を慮る

こんにちは。Wam西浜校です。今週末は、大きな寒波が押し寄せ、北海道では軒並み朝の気温が-10℃以下の様相の模様で   す。体調は崩されていませんでしょうか?公立高校入試まで1か月余りとなりました。自習スペースを確保し、友人達と共に   机を囲む事は、一体感や暖かみを感じる部分もあります。恐らく、津々浦々の場所、例えば図書館、カフェ、とある住まいの   一室、そういった光景が数多くあるかと思います・・・が、ここでいつ振りかの「論語」の一説です(度々すみませ   ん・・・)。   子游(しゆう)、武城(ぶじょう)の宰(さい)たり。子曰わく、女(な…
1 / 18712345...102030...最後 »