数学:文章題特訓コース

文章題は苦手。そんな方も多いことでしょう。しかし、文章題は苦手でも立式をしてもらえれば解けるという方もたくさんいるでしょう。文章題においてまず初めに行うことは文章をしっかりと理解し、読むことを行います。文章題にはパターンがあるので、問題数をこなすことで頭の中の引き出しから「この問題はこの式を入れる」ということが可能なのです。
文章題が苦手ではなく、文章をしっかり読むのが苦手なので、講師と一緒に問題を読むことで自らの力で文章題を理解できるようになるコースです。

数学:文章題特訓コースの対象・教科

対象: 中1・中2・中3
教科: 数学

個別指導Wamの中学生の数学:文章題特訓コースの特徴

当コースで文章題を指導する際に初めに行うことは、問題文をゆっくりと読むことです。そして、問題がどのような答えを求めているかを理解することで、正解にたどり着くことができます。 文章題のパターンは速さ・割合・円周・面積が大多数をしめます。そのためこの4つのパターンを繰り返し演習を行うことで、どのパターンの問題かを即座に判断できる判断力を身につけることができます。また、単位など細かいミスが往々にしてでてくるので、落ち着いて問題を解くように見直しなどの方法も指導を行います。

こんなお子様へ

  • 文章題を見た瞬間にあきらめる
  • 問題の意味が理解できない
  • 立式をするのが苦手
  • 単位変換が苦手
  • 文字とアルファベットの、数字の羅列を混乱する

Wamからの5つのポイント

  • 文章問題を図に表してみよう
  • 問題文を句読点ごとに区切って読もう
  • 単位変換について何度も確認しよう
  • まずは立式をするところまでを目標に使用
  • パターンを全て覚えるまで反復しよう
電話でのお問い合わせ

お気軽にご相談ください

0120-20-7733
メールでのお問い合わせ




|













電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-20-7733
無料体験・資料請求はコチラ