代表の体験談

個別指導Wamでは教育理念を「社会を生き抜く力、考える力を贈ろう!」と定めています。
WHOLE ABILITY MAKING(全体の能力を形成する)

個別指導Wamでは生徒に必要以上に教えません。まず自分で考えて調べて答えを導き出せるよう指導します。生徒たちがWamを卒業し高校、専門学校、大学、社会人になって様々な問題にぶつかったときに、どのように問題を解決していけばよいのか、「社会を生き抜く力」と「考える力」を勉強を通じて身につけて欲しいと考えています。

20年以上も前になりますが個別指導塾をするきっかけになった出来事がありました。
中学2年生の男子生徒で勉強を頑張りたいがやり方が分からない。親や学校の先生には勉強しろ!学校の授業を聞け!と言われるが一生懸命に授業を聞いても分からない。
学校の授業を聞いても分からないから親に言われて塾に来たが学校より内容が難しくて学校の授業より先の学習をしていてサッパリ授業が分からない。親には塾まで行かせてあげているのに成績が上がらないのはお前が悪いと言われる。『先生!俺ってバカだから勉強に向いてないのかな?』授業が終わった後に私が生徒を見送る際にその生徒は最後まで残っていて同級生の生徒が全員帰った後に私にこう言ってきました。
私はこんな生徒一人も救う事も出来ずに何の為に日々教壇に立っているのだろう?
私なりに毎日授業を工夫していたつもりだが、この生徒には全く役に立っていないどころか逆にやる気をなくさせてしまっている。
私は生徒に謝りました。『先生は全然気づいていなかった!ゴメンね!!』

明日から塾の授業の前に1時間早く塾に来て、塾の授業が終わってから1時間だけ塾に残れるか?
中1からつまずいているから今の授業が分からないだけで中1の内容が分かれば今の授業も分かるようになるから先生が授業する!
次の日からその生徒は自主的に毎日2時間前には塾に来ました。私はどこを勉強したらいいかを指示し毎日授業する内容を理解する上で必要な中1の内容を中心とした授業を行いました。
当時、その生徒は学校で連立方程式を習っていましたが中1の1次方程式が出来ませんでしたのでそこを授業の前に理解させてから授業を受けてもらったところ、その生徒から『先生!授業が聞いていて分かる!』と言われました。

私は『そうか!よかったね!』と生徒に答えました。
その生徒はグングン成績があがりトップの進学校に行きました。

私は考えました。何の為に教壇に立っているのか?自己満足の授業をする為ではなく一人でも多くの生徒の役に立ちたい。その為に先生になったのだ!
100人いれば100通りの授業が必要だ!
学校のような集団授業は必要だがそれだけでは全員を理解させる事は難しい。

そして私は個別指導Wamを作りました。20年間いろいろ試行錯誤してきました。
成績はトップだったが就職してから困る生徒
つい教えすぎて自分で考える力が身に付いていなく高校や大学に入ってからも困る生徒
たくさんの成功と失敗を繰り返し現在があります。

勉強を教えるだけではなく私は今までもこれからも生徒の幸せの為にどうあるべきか考え続けていきます。

個別指導Wamとは
企業理念
電話でのお問い合わせ

お気軽にご相談ください

0120-20-7733
メールでのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-20-7733
無料体験のお申し込み