都立田園調布高等学校

(とりつでんえんちょうふこうとうがっこう)
東京都大田区|公立|共学

基本情報

通称「田高(でんこう)」と呼ばれ、2008年度より学習先進クラスの「アドバンストクラス」を1学年に1クラス設置し、難関校受験に対応。高校独自の進路指導を行っていて、9割が大学進学を希望しています。部活動の加入率は8割を超え、高校のグラウンドの他に多摩川グラウンド、テニスコート、トレーニングルームなど、充実した施設を完備しています。

所在地

〒145-0076 東京都大田区田園調布南27-1

アクセス

東急多摩川線「沼部駅」より徒歩6分

東急池上線「御嶽山駅」より徒歩9分

東急東横線「多摩川駅」より徒歩15分

沿革

1950年に東京都立大田等学校として開校。その3年後に田園調布高等学校と改称。2001年より「田高進路プロジェクト」を立ち上げ、大学進学を中心とした進路実現に向け、積極的な指導・支援を続けている。「学ぶ意味」の深化から始まり、以下「職業に就くこと」「上級学校への進学」を重視した総合的な進路指導プログラムが行われています。

偏差値

 

一般併願 56
専願

学部・コース

普通科

1年次は文系理系に分かれず、同じカリキュラムで授業を履修します。2年次に文系理系の大まかな進路希望を決め、3年次に選択科目を多く設定して、それぞれの進路に応じた勉強ができるようになっています。夏休みには講習があり、試験前には大学生チューターが分からない所を教えてくれる時間もあります。

入試傾向と対策

試験科目

国語

配点 100点
合格目安 6割弱から6割以上の正答
傾向と対策 約3,000字の説明的文章が問題文として採用され、記述問題として200字程度の作文も出題される。

数学

配点 100点
合格目安 6割弱から6割以上の正答
傾向と対策 数と式、関数、図形、資料の活用、4分野すべての基本的な知識を身に付けておくことが肝心。

英語

配点 100点
内容 6割弱から6割以上の正答
傾向と対策 長文読解が大問4問中3問も占める形となる。メールなどへの返事として英作文を3文書くという問題もある。

理科

配点 100点
内容 6割弱から6割以上の正答
傾向と対策 基本的な知識が試される小問集合が4割程度出題。電池、イオンや中和に関する問題が出題されやすい。

社会

配点 100点
内容 6割弱から6割以上の正答
傾向と対策 約50点分が複数の資料を読み取る問題。歴史分野では時代や順番を問われる問題が出題されやすい。

基本的な問題を取りこぼさないように「満点をねらう」のでなく、「できる問題を確実に得点する」ことが重要になってきます。中学で出てきた定理や公式の確認をしながら、過去問題を繰り返し解いていくことで、対応できる力が身に付けられるようになります。全科目平均点以上は取ることが求められます。

特色

教育方針

田園調布高等学校の教育目標は「誠実・敬愛・自主・自律」です。

人としての品格を有し、多様性を理解し、世の中に主体的に適応し、貢献できる人を育てるのが目的です。

「知育・徳育・体育」の調和のとれた「文武両道」の生徒の育成を目指しています。

 

学校行事

体育祭(5月)、ぼろにあ祭(9月)、修学旅行(9月)、合唱祭(2月)

 

クラブ活動

野球部が過去に東京大会ベスト8+に進出するなどしており、男女バスケットボール部、ダンス部などが活動し、その他運動部は、剣道、バドミントン、陸上競技、バレーボール、サッカー、卓球など計15団体。

文化部は美術部、漫画研究部、ピアノ部、メディアサイエンス部、茶道部、演劇部、吹奏楽部など計12団体。

 

海外交流

AFS等の協力によって、諸外国からの留学生を受け入れています。

進学実績

国立大学は信州、静岡、千葉など毎年、合わせて2~3名程度の進学者を輩出しています。

公立大学では首都大学東京に毎年それぞれ1~2名輩出しています。

私立大学では、神奈川、東洋、明治、法政、日本大学などに、毎年それぞれ10名弱~30名弱程度が進学しています。






|













電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-20-7733
無料体験・資料請求はコチラ