大阪府立池田高等学校

(おおさかふりついけだこうとうがっこう)
大阪府池田市|公立|共学

基本情報

広々とした校地とゆったりした中庭、豊かな緑に囲まれた環境も特徴の1つの学校です。
進学したほぼ全員が、その後の進路希望として大学進学をきぼうしており、国公立大をはじめ、各自の進路目標
に応じたカリキュラムが用意されています。

所在地

〒563-0022 大阪府池田市旭丘2-2-1

アクセス

阪急宝塚線「石橋阪大前駅」下車、北東へ約1.5km

沿革

昭和15年4月:「大阪府立第十六中学校」として創立開校。
昭和16年3月:現在の所在地に移転。「大阪府立池田中学校」に校名を変更。
昭和23年4月:新制「大阪府立池田高等学校」を設立。

偏差値

普通科  63前後

入試傾向と対策

試験科目

国語

配点 90点
傾向と対策 一般的な説明文・論説文といった現代文の内容に加え、古文・漢文、作文も出題されます。あらゆる分野を網羅した勉強と、難易度の高い応用問題レベルまで解ける能力が必要とされているといえます。

数学

配点 90点
傾向と対策 3年間で習った単元の全てを網羅しておく必要があり、特に図形分野の問題が多く出題される傾向があります。また、資料の整理や確率といった単元も最近は必出単元となっていますので、対策をしておきましょう。

英語

配点 90点
傾向と対策 特徴は、英語3技能(聞く・書く・読む)です。問題文が英問英答方式でリーディング力を試されるのに加え、リスニングは25分と長文で、出題難易度は高いと言えます。平均点は51.7点(平成31年度)と低くはなく、学力上位の生徒はかなり適応できているという情報も押さえておく必要があるでしょう。

理科

配点 90点
傾向と対策 理科は、大阪府の公立高校入試で共通の問題を使用しています。特に近年は記号問題において、「間違っているものをすべて選択しなさい」や「正しいものをすべて選択しなさい」という、大学入試にも採用される表現使った形式の出題になりつつあり、勘で正解できるものが難しくなってきています。生物・地学・化学・物理の4分野から、まんべんなく出題されますので、全ての範囲をしっかりと復習しておく必要があります。

社会

配点 90点
傾向と対策 社会は、大阪府の公立高校入試で共通の問題を使用しています。特に近年は記号問題において、「間違っているものをすべて選択しなさい」や「正しいものをすべて選択しなさい」という、大学入試にも採用される表現使った形式の出題になりつつあり、勘で正解できるものが難しくなってきています。地理・歴史・公民を複合した問題も出題されますので、全ての範囲をしっかりと復習しておく必要があります。

 

特色

教育方針

1.変化する社会を自分の視点で捉え直し、考えが異なる相手にも論理的に意見を主張し, 共通の合意を見出すコミュニケーション能力を育成する。
2.自己実現を図る進路目標の設定と希望進路の実現必達を支援する。
3.学校行事や部活動等の幅広い体験を通して、知・徳・体の調和のとれた人格を陶冶する。

学校行事

5月:遠足、6月:体育祭、7月:球技大会、海外語学研修、9月:承風祭(文化祭)、10月:1年大学見学会、11月:オープンスクール、2年修学旅行、1月:1年合唱コンクール、2月:1・2年人権芸術鑑賞

クラブ活動

運動系:陸上競技部・水泳部・ ソフトテニス部・ 硬式テニス部・卓球部・ バスケットボール部(男・女)・バレーボール部 (男女)・アメリカンフットボール部・剣道部 ・サッカー部 ・バドミントン部 ・硬式野球部・合気道部 ・ダンス部・ソフトボール部 ・ハンドボール部

文科系:美術部・放送部・吹奏楽部・書道部・茶道部・漫画研究部・軽音楽部・演劇部・文藝部・天文部・化学部・園芸部・囲碁将棋部・写真部・マジック同好会・国際文化交流同好会・競技かるた同好会

海外交流

オーストラリアの姉妹校との交流やイギリス語学研修などがあります。グローバル社会の中で自分を見失わないよう、コミュニケーション能力と論理的な課題解決力の育成にも力を注いでいます。

進学実績

国公立大学・・・大阪大、神戸大、三重大、滋賀大、京都教育大、大阪教育大、和歌山大、大阪府立大 など

私立大学・・・関西大、関西学院大、同志社大、立命館大、京都産業大、近畿大、甲南大、龍谷大、関西外大、 京都外大、大阪薬科大、神戸薬科大、同志社女子大、神戸女子大、明治大 など






|