開明高等学校

(かいめいこうとうがっこう)
大阪府大阪市|私立|共学

基本情報

基本的に中学からの入学がメインで、定員枠が中学240名に対し、高校は80名と少ない。高校に関しても、コースの名前通り6年一貫教育の途中に「編入」という形になる。進学実績も高く、京阪神をはじめとした国立大学には150名程が進学し、関関同立への合格者数も非常に多い。

所在地

〒536-0006 大阪市城東区野江1-9-9

アクセス

JR・京阪とも京橋駅より徒歩8分、大阪メトロ野江内代駅、蒲生四丁目駅、京阪野江駅、JR野江駅より徒歩12分

沿革

大正3年に設立された、大阪貿易語学校が前身。

1948年に「大阪貿易学院高校」と改称。

1991年に中学校を設立し、6年一貫教育による大学進学実績が増進した。

1995年に現在の「開明高等学校」に名称変更。

2001年には中学が、2004年には高校が男子校から共学校へと変化した。

偏差値

併願 6年制文理編入…70
専願 6年制文理編入…67

学部・コース

6年制文理編入コース

難関国公立大学への進学が多いが、まずは学びを大切にしている。1年に3期の特別授業があり、3年間合わせると1年分の授業日数になり、実質4年分の授業を受ける事となる。

2年次に文理選択をし、さらに学習到達度別のクラス編成をし、それぞれが目指す進路に進めるよう、きめ細かい進路指導をしている。

入試傾向と対策

試験科目

国語

配点 100点
傾向と対策 論理的文章、文学的文章、古文の大問3問構成で、近年漢文は見受けられない。現代文の文章は長く、40~60字の記述問題まで問われる。また、語句の意味もよく出題される。内容把握、理由説明、心情把握を中心に、基本的な読解力を広く問われる。古文は主語の把握、仮名遣い、口語訳がよく問われる。

数学

配点 100点
傾向と対策 関数、図形、確率は毎年出題されるので、重点的に対策をしたい。特に図形は、相似、三平方の定理、円周角の定理、平面図形の計量などと関数の融合問題が出題される。大問1は計算が中心の小問だが、1問1問の難易度は高い。工夫の必要な開放を身に着けたい。

英語

配点 100点
傾向と対策 長文問題2問、対話文2問、文法問題、整序問題、最後に発音アクセントの問題が出題される。長文は長めなので、日頃からの読解訓練が必須となる。対話文は、AとBが複数回やりとりするタイプと、1回ずつやりとりするタイプが出る。独特の表現もしっかり覚えたい。発音アクセントは点数を稼ぐポイントなので、しっかり法則を理解しよう。

理科

配点 100点
傾向と対策 実験考察問題が多く、やや物理、化学分野のウエイトが高い。また、化学反応式を書かせる問題が毎年出題されるので、しっかりと習得しよう。物理の問題も、かなり複雑に見える問題が多いが、1つ1つを丁寧に見て、解くポイントをしっかり捉える事が必要。過去問はしっかりと復習しなければならない。

社会

配点 100点
傾向と対策 地理・歴史・公民分野の、それぞれの総合問題や融合問題が多い。問題量も、大問7~8問、小問が80問前後出題されるので、基本的な用語は整理して即答できるようにする。統計表やグラフ、社会問題の会話文など、読み込みが必要な問題が多いので、パターンに慣れておこう。時事問題にアンテナを張ることも必須。

その他

専願者は、出願時に「志望理由書」を提出。志望理由書(100点)+筆記試験(5教科500点×0.8=400点)の500点満点で判定。併願者は筆記試験のみ500点満点で判定。

受験対策について

難しい問題や、読解力を問われる問題が多いが、いわゆる超難問や奇問は出てこないので、常に標準以上の問題を素早く正確にこなせる演習が必須となる。合格最低点は、専願併願ともに6割ほどだが、安心して7割くらいを取れる実力をつけていきたい。

特色

教育方針

1:自分の行動に責任を持ち、将来社会に自立し得る人間の育成。

2:世界的視野に立ち、国際感覚に富む人間の育成。

3:思いやりの心を持ち、社会的常識を備えた人間の育成。

4:正しい生活習慣を身に着けた、心身ともに健全な人間の育成。

学校行事

勉強合宿(4月) 校外学習・体育大会(5月) 芸術鑑賞会(6月) 海外語学研修(8月) 文化祭(9月) 校外学習(10月) 耐寒行事(1月) 修学旅行(2年6月)→北海道

クラブ活動

運動部:硬式野球(男子)、剣道、硬式テニス(男子)、卓球、バスケットボール、バレーボール、水泳、ラグビー(男子)、サッカー(男子)、ソフトテニス(女子)

文化部:放送部(NHK全国高校放送コンテスト出場)、写真、美術、将棋、ESS、情報工学、クイズ研究 など

同好会:囲碁、化学、映画、物理

海外交流

1年次、希望者を対象に約2週間のオーストラリア語学研修を実施(8月)。ホームステイをし、生きた英語と異文化をじっくりと体験する。

その他

指定校推薦:同志社大、関西大、立教大、立命館大、関西学院大、明治大、中央大、神戸薬科大等

進学実績

京都大、大阪、神戸、北海道大、九州大、大阪市立大学、大阪府立大学、国公立大医学部医学科、

関西大、関西学院大、同志社大、立命館大、近畿大、竜谷大、私立大医学部医学科






|













電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-20-7733
無料体験・資料請求はコチラ