都立武蔵丘高等学校

(とりつむさしがおかこうとうがっこう)
東京都中野区|公立|共学

基本情報

  • 「自学学習」を進めるサポート

学習時間を確保し、それぞれの教科別に丁寧に指導を行う。また学習環境を整備することで自学自習の時間の取り組みを進め、学習の面白さを引き出す。

  • 着実に進路実現へと導く進路指導

1年次から計画的な学習指導を行う。大学進学への進路実現に向けた意識を高める集団指導、履修指導から始まる生徒への個別指導で目標達成へと導く。

  • 自主自律を支える生活指導

「時間厳守」「挨拶の励行」「身だしなみ」「自転車マナー」「勉強と部活の両立」を5本柱に据え、武蔵丘高校の校風である「規律ある自由」を大切にする生徒を育てていく。

  • 生徒が創りつないでゆく、伝統の四大行事

長い歴史を誇る「体育祭」「武高祭(文化祭)」「英語暗誦祭」「合唱祭」を中心とした学校行事。全て生徒が中心で企画運営し、クラスの団結と目標に向けた積み重ねを学ぶ。

  • 心身を鍛え、仲間との絆を深める部活動

加入率87%。年間活動計画を立て生徒3役を中心に、顧問や部活動指導員の指導をもとに着実に成果を上げている。

所在地

〒165-0031 東京都中野区上鷺宮2-14-1

 

アクセス

西武新宿線「鷺ノ宮駅」より徒歩12分。

西武池袋線「富士見台駅」より徒歩10分。

 

沿革

1941年に開校を文部省に認可される。

1943年に校名を都立武蔵中学校と変更する。

1948年学制改革により武蔵丘新制高等学校となる定時制課程開設する。

1950年に校名を都立武蔵丘高等学校と変更する。共学実施となり全日制、定時制共に女子生徒入学する。

1981年定時制課程募集停止となる。

2010年新しい標準服を導入。「学力向上開拓推進校」(3年間)、「部活動推進指定校」(2年間)の指定を受ける。

2015年「オリンピック・パラリンピック教育推進校」「理数研究校」の指定を受ける。

2017年「学力向上推進校」の指定を中部学校経営支援センターより受ける。

偏差値

 

一般併願 55
専願

学部・コース

普通科

入試傾向と対策

試験科目

国語

配点
合格目安 70%
傾向と対策

数学

配点
合格目安 70%
傾向と対策

英語

配点
内容 70%
傾向と対策

理科

配点
内容 70%
傾向と対策

社会

配点
内容 70%
傾向と対策

一般入試 定員254名

筆記試験:国、数、英、理、社の5教科 英語はリスニングテスト有り

学力検査、調査書と合わせ合否を決定する。学力調査を700点、調査書を300点の合計1000点満点とし、総合得点上位から選抜をする。

 

推薦入試 定員63名

調査書、面接試験、作文で合否を判断する。調査書を900点、作文450点、面接450点の合計1800点満点とし、総合得点上位から選抜をする。

特色

教育方針

個性を伸ばし、社会に貢献する人を育てる。

① 明朗性 健康で自信と希望に満ちた人生観を育む

② 自主性 積極的に努力し、粘り強く実行する力を育む

③ 社会性 寛容で視野が広く、他人の立場を尊重する生活態度を育む

 

学校行事

体育祭(5月)、武高祭(9月)、英語暗誦祭(11月)、合唱祭(2月)

 

クラブ活動

運動部は19部。野球、柔道、陸上、剣道、ダンス部など。文化部は11部。吹奏楽、美術工芸、茶道など。同好会は文芸、パソコンの2つ。

教養日などの設定方針を掲げており日頃から集中と切り替えを実践し、合理的で効果的な活動を展開している。軽音部で軽音フェスティバルオリジナル部門1位、吹奏学部でコンクール銀賞を受賞

進学実績

大学進学率は70%、国公立大学は埼玉大学・首都大学東京・新潟大学・山梨大学・東京海洋大学・東京芸術大学など。

私立は青山学院大学・慶応義塾大学・中央大学・日本大学・立教大学・法政大学・東洋大学・武蔵大学

駒澤大学・東海大学など。

大手予備校とタイアップした講習も行っており、ひとりひとりの生徒に合わせ細やかな指導を行っている。150校を超える学校から指定校推薦枠が来ており、東京理科大学・立教大学・法政大学といった大学からも推薦枠がきている。






|













電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-20-7733
無料体験・資料請求はコチラ