安田学園高等学校

(やすだがくえんこうとうがっこう)
東京都墨田区|私立|共学

基本情報

墨田区にある中高一貫の私立学校。

所在地

〒130-8615 東京都墨田区横綱2-2-25

アクセス

総武線「両国駅」西口より徒歩6分

都営地下鉄・大江戸線「両国駅」A1口より徒歩3分

都営地下鉄・浅草線「蔵前駅」A1口より徒歩10分

沿革

1923年3月東京植民貿易語学校内に東京保善商業学校として開設。
1948年4月新制高校発足に伴い安田学園高等学校と改称、中学を一本化し安田学園中学校とする。
2012年4月高等部にS特・特進・進学の新3コースが体制発足。
2016年4月高等部完全共学化。

偏差値

 

一般・併願 S特:63  特進:56 進学:51
専願

学部・コース

S特コース

高度な授業内容によって養われる力を高め、最難関国立大学の現役合格を目指す。

 

特進コース

基礎学力と基礎学習力を付けると同時に、国公立入試に対応したカリキュラムで難関国公立・私立大の現役合格を目指す。

 

進学コース

繰り返しによる積み上げ学習を軸とし、GMARCH・中堅私立大の現役合格を目指す。

入試傾向と対策

試験科目

国語

配点 100点満点・50分・記述
合格目安 S特:80  特進:70 進学:65 (合格率80%の場合)
傾向と対策 傾向:説明文・物語文・漢字など。
読解問題には7~8問が設定されている。60字程度の記述問題も出題。文法や古文・詩も過去に出題あり。
対策:論説文と物語文を中心に演習を重ねる必要がある。60字程度の記述解答に慣れておくと良い。

数学

配点 100点満点・50分・記述
合格目安 S特:80  特進:70 進学:65 (合格率80%の場合)
傾向と対策 傾向:計算問題・方程式の解法・二次関数・平面図形と空間図形・場合の数
証文集合・関数・図形という構成が多い。作図や証明問題が出題される場合もある。
対策:レベルの高い問題もあるため、解答する問題の取捨選択も重要。

英語

配点 100点満点・50分(リスニング含む)・記述
内容 S特:80  特進:70 進学:65 (合格率80%の場合)
傾向と対策 傾向:リスニング・語形変化・正誤問題・並び替え・長文読解
長文はやや長め。設問は文章内容に関するものが中心。正確に読む力が必要となる。
対策:3部構成で計8問。基本問題で構成される。定期テストで間違えた問題は必ず復習し、弱点を補強すること。

面接

内容 グループ面接:先生1人に受験生5~7人。時間は7~8分。

 

受験対策について

基本・基礎の徹底が重要となる。弱点の単元・定期テストの間違いは振り返り、必ず復習をしてほしい。

特色

教育方針

安田学園は「実業界の有用な人物の育成は、社会発展の基礎である。」という信念を実践するために設立。創設者の安田善次郎を理想の人物像とし、勉学に打ち込む生活習慣を見に付けさせ、1.基礎・基本を重視した集中と繰り返しの学習態度の確立。2.健康な身体の育成と安全教育の徹底。3.温かい人間関係を育てるための基本的生活習慣の確立。を挙げ教育を行っている。

 

学校行事

5月シンガポール修学旅行 6月球技大会 7月進学合宿(3年希望者)・大学合同説明会(2年)

10月学園祭(安田祭) 12月バスケットボール大会(1・2年) 2月本物鑑賞(1・2年)

 

クラブ活動

男子バレーボール部は過去2回の全国優勝。

男子バスケットボール部は東京都大会出場経験あり。

チアリーディングクラブはUSA Nationals(全国大会)7年連続出場。

 

海外交流

シンガポール修学旅行(2年生)・夏休みカナダ語学研修(1・2年希望者)・3か月短期留学(1年希望者)

 

その他

年5回の定期試験の1週間前を「独習ウィーク」とし、定期試験に向けた学習計画を立てながら、朝と放課後の時間を利用して実施している。

 

 

進学実績

国公立:東京大学(2020年現役2名) 一橋大学 首都大学東京 千葉大など

私立:早稲田大学 慶応義塾大学 東京理科大学 明治大学 法政大学など






|













電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-20-7733
無料体験・資料請求はコチラ