江北高等学校

(こうほくこうとうがっこう)
東京都足立区|公立|共学

基本情報

1938年開校の伝統ある学校であり、2010年度からは東京都指定の進学指導推進校として有名大学に多くの現役合格者を輩出するなど、進学実績をあげています。進学対策として特進クラスの設置、駿台サテネットによる映像授業の導入、勉強合宿の開催などを行っています。部活動においても、運動系文化系ともに実績を残しています。

所在地

〒120-0014 東京都足立区西綾瀬4-14-30

アクセス

つくばエクスプレス「青井駅」から徒歩7分

東京メトロ千代田線「綾瀬駅」から徒歩10分

東武スカイツリーライン「五反野駅」から徒歩12分

沿革

創立は1938年1月。一時、進学実績が低迷した時期もあったが、現在は教員公募制の実施や駿台予備校と提携して、オンデマンド駿台サテネットシステムが導入されるなど、進学実績上昇のための改革が行われている。軟式野球部の全国大会出場や、演劇部の全国大会出場など、部活動も充実しています。

偏差値

 

併願 普通科54
専願

学部・コース

普通科

土曜講習や各季節講習、補習、新入生合宿などにより、学力の向上を目指しています。

朝学習や週末課題も実施し、継続的に行うことで実力を養っていきます。

駿台予備校の映像授業をいつでもどこでも視聴できるシステムにより、学習効果が確実になります。

入試傾向と対策

試験科目

国語

配点 100点
合格目安 6割弱から6割以上の正答
傾向と対策 約3,000字の説明的文章が問題文として採用され、記述問題として200字程度の作文も出題される。

数学

配点 100点
合格目安 6割弱から6割以上の正答
傾向と対策 数と式、関数、図形、資料の活用、4分野すべての基本的な知識を身に付けておくことが肝心。

英語

配点 100点
内容 6割弱から6割以上の正答
傾向と対策 長文読解が大問4問中3問も占める形となる。メールなどへの返事として英作文を3文書くという問題もある。

理科

配点 100点
内容 6割弱から6割以上の正答
傾向と対策 基本的な知識が試される小問集合が4割程度出題。電池、イオンや中和に関する問題が出題されやすい。

社会

配点 100点
内容 6割弱から6割以上の正答
傾向と対策 約50点分が複数の資料を読み取る問題。歴史分野では時代や順番を問われる問題が出題されやすい。
受験対策について

基本的な問題を取りこぼさないように「満点をねらう」のでなく「できる問題を確実に得点する」ことが重要になってくる。中学で出てきた定理や公式の確認をしながら、過去問題を繰り返し解いていくことで対応できる力が身に付けられる。

特色

教育方針

更なる教育活動の充実を図り、「地域に誇れる進学校」「文武両道を実践する学校」「地域社会に貢献する学校」をめざす学校像として掲げている。東京都教育委員会から「アドバンス校」「進学指導推進校」の指定を受け、進学実績の充実と進学実績の向上という明確なミッションに対し、日々の教育に全力を注いでいます。

 

学校行事

体育祭(6月)、映画教室(2年次、7月)、文化祭(9月)、校外学習(1・2年、10月)、留学報告会(1月)

 

クラブ活動

軟式野球部は度々全国大会に出場している。東京都大会でも上位へ進出。演劇部も多くの大会で賞を獲得。その他、運動部は柔道、水泳、剣道、バドミントン、陸上、バレーボール、サッカー、卓球など計17部。

文化部は放送部、ボランティア部、理化部、調理部、茶道部、美術部、華道部など計15部。

進学実績

埼玉大学、金沢大学、東京理科大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学など。

上記は数名~10名程度の進学者だが、その他に東洋大学、日本大学、獨協大学については例年、20~40名程度の進学者を輩出している。






|













電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-20-7733
無料体験・資料請求はコチラ