2021年05月26日 15:11

「ケアレスミス」を減らすには?

こんにちは。

個別指導Wam田名校の冨森(とみのもり)です。

 

前回、前々回の続きです。

「ケアレスミス」はどのようなものか前々回説明し

前回、「ケアレスミス」の種類についてお伝えしました。

このテーマ 最終回の今回は「ケアレスミス」はどうやったら防げるかについてお話しします。

 

まず最初にお伝えするのは、

「ケアレスミスをなくそう!!」と思うだけでは

「ケアレスミス」は減らない、ということです。

シュートをよく外すサッカーの選手が

「よし今日こそはゴールを決めよう!」と思っているだけでは

そのミスは減らないのと同じです。

 

それでは、「ケアレスミス」を減らすためのいくつかのポイントをお伝えしましょう。

文章題の読み間違えが多いなら、問題文の後半部分を特に慎重に読み、

本当に聞かれている箇所にアンダーラインを引きましょう。

計算処理の間違いが多いなら、途中式をしっかり書く習慣をつけましょう。

計算ミスをした問題番号や理由などをノートに書き留めることも良い方法です。

主語、述語、目的語の認識の間違いが多いなら、

それぞれの箇所にアンダーラインを引き頭の中でつなげて文にしてみましょう。

解き方の選択を誤ることが多いなら、

その解き方の使い方についてもう一度しっかり確認しましょう。

数値を間違って認識していたり、解答欄の場所を取り違えていることが多いなら、

「確かめる」習慣をつけましょう。

 

そして、いちばん大切なことは

「ケアレスミス」をする問題の練習量を徹底的に増やすことです。

さあ、今日からやってみましょう!

 

個別指導Wam田名校 5月24日(月)プレオープン!

体験授業 いつでも!!

自習開放しています!!

042-785-2360

電話でのお問い合わせ

お気軽にご相談ください

0120-20-7733
メールでのお問い合わせ

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です