2019年08月10日 18:35

「不平等の中に自分の価値を見出す」

こんにちは、出口校の西川です。

 

突然ですが、皆さん、東京にある「麹町(こうじまち)中学校」という今、話題の公立中学校をご存知でしょうか?

(*詳しく内容を知りたい方は 「麹町中学校」と検索していただければすぐに出てきます。)

 

宿題廃止、定期テスト廃止 などユニークな改革を打ち出し、今の学校教育に一石を投じている学校です。

 

そして、卒業生の多くが 有名高校、有名大学へ進学しているという事で 今では、越境入学を

 

してくる生徒さんも多いとか・・。

 

(事実、名門中の名門、開成中学校等の受験に残念ながら不合格になったお子さんが、

多く越境入学してくるんだそうです。)

 

しかし、この学校改革には、賛否両論があり、

 

「生徒の自主性を重んじた教育が生徒自身を伸ばしている。」

 

「今のテストは、テスト事態が目的化しており、本当の実力が身につかない。」

 

「生徒の考える力が伸びる。」

 

という意見や、

 

「勉強のできる子(好きな子)、出来ない子(嫌いな子)の差を義務教育段階で公立中学校がつけるのはおかしい。」

 

「貧困の差がますます、教育格差を生み出す。」

 

「今の日本が、夜でも安心して外を出歩けるのは、義務教育段階での教育が、

すべての生徒にしっかり行き届いているからだ。義務教育は社会的なインフラだ。」

 

「教育とは、子供たちのものであるならば、ある程度平等にすべての生徒に分配されなければならない。」

 

 

という意見などなど・・。

 

双方の意見を聞いていて、どちらの意見とも それなりに納得できるなよ・・。

 

と雑誌の記事を読みながら考えていました。

 

ただ、思ったことは、少し話が飛躍するかもしれませんが、

 

私たちの人生は決して平等ではないんだという事実です。

 

それこそ、生まれてくる環境。(日本やそれ以外の国等)

 

子供のころから考えれば、背が高い、足が速いという身体能力の違い。

 

家がお金持ちだったり、貧乏だったりという物理的な差などたくさんあると思います。

 

「私たちが生まれた この世界は、もともと不平等に出来ている。」

 

まず、この事実を受け入れ、自分はどう行動するか。

 

という事が大切だと思います。

 

(幸い、日本という環境に生まれた私たちには、行動で今の境遇を変えていけます。)

 

皆さんがこれから生きていく 人生には、悔しいことや、理不尽なことが

 

たくさんあります。

 

それでも、自分が流されず、正しいことをしていれば「心」だけはなくさないと思います。

 

どうか「心=価値=信念」だけは なくさないでください。

 

最後に塾長から 大人になっていくみんなへ 一言。

 

 

「人生には 保証も固定給もありません。 がんばって自己投資して

 

自分を磨き続けている人の人生に 結果がともなうようになっています。」

 

という事。

 

 

*今日は、訳の分からない話になって ごめんね。

 

 

いつも最後までお読みいただき有難うございます。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

教育・進路相談等 随時承っております。

下記まで お気軽にお声がけ下さい。

お電話、ホームページからのお問合せも受け付けております。

 

個別指導Wam 出口校

大阪府枚方市出口4-26-1アサンテ出口ビル1階(教室)3階(自習室)

電話 072-814-7555 担当:西川

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電話でのお問い合わせ

お気軽にご相談ください

0120-20-7733
メールでのお問い合わせ

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です