2019年06月23日 16:08

定期テストのたびに思うこと

定期テスト、特に期末テスト前は、塾の定期面談時期とも重なり、保護者の方から「試験勉強のやり方が分かってないようだ」との

言葉をよく耳にしますが、果たして試験勉強のやり方って何なんでしょうね?

何か、試験前にちょこちょこっとやれば点数が取れる、そんな魔法みたいなマニュアルでもあるかの如く、思われているのではないですか?

定期テストの試験勉強にやり方なんてありませんよ。

日々の、学校での勉強を、授業をよく聞き、今日学習したところを、その日のうち復習し、わからないところは、参考書、塾なりで質問して

分かるようにしておく。その繰り返しで、試験前にそれをまた見直し、忘れてないかどうか、確認するだけです。

授業を真剣に受けてないから、どこが「覚えなければいけない大事なところ」なのかが分からないのです。

その日のうちに「復習」しないから、忘れ去ってしまう量が膨大になり、何を覚えればよいのかが分からなくなるのです。

授業を受けるお子さんの取り組み姿勢を、まずは正すことです。

何のために、日々学校に通っているのか?

生徒さんも、保護者の方も、真面目に考えて頂きたいことです。

 

 

 

 

 

電話でのお問い合わせ

お気軽にご相談ください

0120-20-7733
メールでのお問い合わせ

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です