2018年11月06日 20:54

モチベーションの上げ方

みなさん!こんにちは!

Wam松ノ浜校です(^^♪

 

今日はタイトルにもある通り、

「モチベーションの上げ方」についてお話ししたいと思います。

 

勉強やスポーツ、仕事、家事・・・

何をするにも“モチベーション”というのは大切ですよね。

しかし、モチベーションというのは厄介なもので、

上げるのが難しい上に、一旦上がっても、すぐにまた下がってしまいます。

その度にモチベーションと格闘していては、時間の無駄というもの。

 

では、どうしたらいいのか。

 

まずいきなり、結論からお伝えします。

 

5分でいいから、やり始める!

 

という方法です。

場合によっては、3分でも1分でもOK。

もちろん、どんなに渋々でも構いません。

 

実は、人間の脳には「作業興奮」という仕組みが備わっていると言われています。

「一旦物事をやりだすと、どんどんやる気が出てくる」という作用です。

 

あなたにもこんな経験ありませんか?

 

  • 気になっていながら、なかなか片付けていなかった引き出しの中。

     一旦やり始めたら、とことん整理してしまった。

 

  • 毎日の習慣にしたいストレッチ運動。眠くて面倒だったが、

       足だけでも・・・と思って手をつけたら、結局、肩・首・腕までやっていた。

 

       Etc.

 

おそらく、誰にでもこのような経験があるはずです。

 

 

 

つまり、とことんハードルを下げてでも、とりあえず取り掛かることがまず肝要で、

モチベーションは後から付いてくる、という理解になります。ここが発想の一大転換です。

 

「モチベーションを上げてから行動する」のではない。

「行動するからモチベーションが上がる」のだ。

 

そもそもモチベーションとは「上げる」ものではありません。正しくは「上がる」もの。

日頃からそう考えておけば、モチベーションと無駄に格闘することもないですよね

 

「まずは5分でも、1つだけでも、やってみる!」

 

モチベーションの上がらない時は、これを思い出してみましょう。

 

では、「まずやってみる!」というタイミングで、

よりスムーズに取り掛かることができ、効果にもつながるコツが2点あります。

 

  • タイマーなどで実際に5分計ってみること
  • “敗者復活OK”の心構えでいること

 

まず、タイマーですが、最近ではスマホや携帯に機能として

備わっていることも多いので、準備は難しくないはずです。

それらを使って、実際に5分をセットし、スタートボタンを押しましょう。

 

人は、カウントが始まると、どうにも動かざるを得ない気になるものです。

また、「これが鳴るまでの短い時間なら頑張ってみるか・・・」という

具体的なイメージが湧き、やる気スイッチを入れる役目も果たしてくれます。

ぜひ、タイマーを活用し、その5分だけは集中するつもりで、

目の前のことに取り組んでみてください。

 

ただ、一旦作業を取りやめたり、別のことに切り替えたとしても、

この点だけは忘れないでください。コツの2点目、

 

  • “敗者復活OK”の心構えでいること

 

です。要は、「5分やってみて気持ちの乗らなかった作業にも、

また別の機会にチャンスを与える」という考え方になります。

 

多くの人は、一旦やってみてダメだったものは、それで諦めてしまいがちです。

しかし、そのタイミングではうまくいかなかっただけで、

別のタイミングでは気持ち良く出来る、ということも十分あり得ます。

ですので、一度の失敗で諦めず、後ほどまた「5分だけ」のつもりでやってみましょう。

 

何事も「続けられる人」というのは、一旦ダメでも「またやればいいや」と、

もう一度やり始め、敗者復活を繰り返すうちに習慣となり、

モチベーションに左右されない状態へと進んでいくものなのです。

一度も挫折せずに続けている人はほとんどいませんので、

安心して「5分だけ」の再チャレンジを何度でもやってください。

 

繰り返しになりますが、

行動するからモチベーションが上がる」のです。

 

 

 

 

電話でのお問い合わせ

お気軽にご相談ください

0120-20-7733
メールでのお問い合わせ

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です