2017年12月06日 16:26

冬休みの重み!

八尾市の皆様こんにちは。

曙川南中学校のすぐ北にある個別指導塾Wam刑部校の賀川です。

最近は小学生から高校生まで、南山本小学校、成法中学校、高美中学校など校区も幅広く通塾頂き、本当に休みの日はたくさんの生徒が顔を見せてくれるようになりました。

 

さて、表題の件についてお話します。

 

まず、昨今の受験事情は毎年大きく変動しています。私自身でさえ、日々様々な変化をする教育事情に戸惑うこともあります。

しかし、確実に言えることは子供達に対するハードルは上がり続けています。

それを敏感に察知し、準備をしている子は毎年合格を掴み取ります。自分の勉強に対する感覚は自分しかわかりませんのでそのあたりを自分で察知しているという共通項が見受けられます。それに対し、準備を怠った生徒は夢を掴めない事も現実としてあります。

 

では、準備とはいつからおこなうものでしょうか?

本当は今すぐにでもがベストです。しかし、人間中々機会がないと変われません。

その中で私が一番かわりやすいと思うのが冬休みという期間です。

 

夏休みはまだ、クラブがあるなどの理由でまちまちになりますが、冬休みは受験学年の生徒はほとんど例外なく勉強のスイッチが入ります。

その姿を見ているとやはり子供達自信、彼らの背中からなにかを感じるのでしょう。変わる生徒が多いです。

是非、この機会を逃さずにまずは目先の勉強に取り組んで頂きたいと思います。

 

仕事上、日々多くの子供達を観察しています。成績がいい子、悪い子様々ですが、成績が悪くても、自分なりに努力をしている子は結果がどうあれ後悔はしません。そういった子供達は高校受験こそ失敗するかもしれませんが、その後、大学までに努力をし、結果としてその成果がでています。しかし、今それを怠れば高校からのスタートです。その場合、周囲に流され、高校卒業後の進路に希望を見出せないという生徒も少なくありません。

 

そんな未来を避けるためにもどうかこの期間に自己を変革してください。

一人でできない人はいつでも下記にご連絡ください。

 

 

 

個別指導Wam刑部校
八尾市刑部3-52 2F
TEL:072-924-3390
担当:賀川

電話でのお問い合わせ

お気軽にご相談ください

0120-20-7733
メールでのお問い合わせ

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です